【第1回】哲也の「Omiai」体験談(婚活開始!)

今回から、僕が婚活を始め、「Omiai」に登録してから
1人目の彼女を作って別れるまで、そして2人目の彼女を
作るまでの悪戦苦闘、さらには、現在の状況(2人目の彼女
との交際)までの体験記を書いていきます。

 

この体験談を通じて、一人でも多くの方に「Omiai」に
興味を持って頂き、素敵なパートナーを見つけることが
できることを祈っています。

 

それでは、早速「Omiai」を始めるに至った2012年1月の頃
から話していきたいと思います。

 

2年間追い続けた女の子に相手にされず、婚活を決意!

2012年1月、僕は2年間追い続けた女性を諦め、
新しい恋を探すべく、婚活をスタートさせました。

 

この2年間追い続けた女性は、会社の同期でした。

 

2年前の2010年から気になり始め、当時付き合ってた
彼女と別れてまで、この女の子にアプローチしたのですが、
2年間もかけて3回くらいしかデートできず、撃沈。

 

2011年の年の瀬に、この恋に区切りを付ける決心を
したのでした(´д⊂)

 

失意の中、年が明けた2012年。僕はある目標を立てました。

30歳までには結婚したい。

そして、即結婚ではなく、1~2年は付き合って

から結婚したい。そのためには、来年までの
1年間で将来を考えられる恋人を作ろう!


これが2012年の抱負だったと言っても
過言ではありません(笑)。

 

さて、そうと決まれば活動開始です。

 

最初はとにかく、出会いを求めて合コンに参加し、
友達にも女の子を紹介してもらいましたヽ(・∀・)ノ

 

ですが、それなりの数の合コンに参加し、紹介して
もらいましたが、紹介された女の子も合コンで知り合う
女の子もピンと来ませんでした(ーー;)

 

仕方ないので、アプローチを変えてみることにしました。

リアルで出会えず、ネット婚活に挑戦!

リアルの世界で好きになれる女性に出会えないのなら、
ネット婚活してみよう!と考えを変えて、mixiのオフ会に
参加してみたのです。

 

勿論、オフ会なんて生まれて初めての体験です。

 

勇気を出して大ファンである某人気アーティストの
ファンコミュニティのカラオケオフ会に行って
みました(`・ω・´)

 

ですが、30~40人集まる恒例のオフ会で、
固定メンバーが決まっており、イマイチ新参者の
僕が馴染めるムードではありませんでした。

 

しかも、既婚者多いし(笑)。

 

なんか合コンも友人の紹介も、
オフ会も効率悪いなー(´Д`;)

 

というのが僕の正直な感想でした(^_^;)

 

安くはないお金をかけて飲み食いし、
土日を潰しても収穫ゼロ
なのです。

 

「これではいけない」、と薄々感じ始めていました。

出会い系アプリに手を出してみた(笑)

婚活始めて2ヶ月。

 

出会いの機会は増やしているのに、一向に彼女が
できる気配がない状況です。全く手応えがない現状に、
少しずつ焦りが出てきました。

 

おいおい、このままじゃいつまで
経っても結婚できんぞ・゜・(ノД`)・゜・

 

そんな焦燥感溢れる日々を過ごしていたある日、
Facebookのページを開いていると、ある広告が
目に入りました。

 

出会い系アプリの広告でした(笑)。

 

煮詰まっていた僕は、「もうこれしか無い!」と
勢い余って入会してしまいました。

 

ちなみに、「Are you interested in?」という海外の
出会い系アプリだったのですが、これが最悪でした(笑)。

ニューハーフと、フンドシじいさんから熱烈ラブコールが!

この「Are you interested in?」というアプリは自分の
写真をUPして、気に入った相手に「like」ボタンを押して
好意を示し、相手も自分のことを気に入れば両思いとして
「マッチング」が成立してメール交換も出来るようになる、
というシステムでした。

 

このアプリの問題点は、外国向けのアプリだったことです。

 

欧米始めアジア各国の女性がメインで日本人の女性は、
ほとんど登録してませんでした。

 

つまり、英語ができないとマッチングしても
会話すらできないわけですw

 

でも、今思うと、ホントに焦ってたんだと思います。

 

英語ができないくせに、
年会費払っちゃったんです
(8000円くらい)。

 

いやー、バカだったな、と(ーー;)

 

だって、成果と言えば、

  1. 仙台在住のフィリピン人の女の子から好きと言われて

    メールしたが、「電話しようよ」と言われても
    「英語話せないから無理」と答えて終わった。

  2. タイ人のニューハーフから、やたら熱烈ラブコールを受ける

  3. 60歳のおじいさんから、やたら熱烈ラブコールを受ける
    (しかも、このじいさん、何を血迷ったのか赤いフンドシ
    一丁の写真
    。いわゆるゲイ)

2週間アプリを利用して、
収穫は以上3つでした・゜・(ノД`)・゜・

 

当然、このアプリは解約しました。

 

無駄遣い、ここに極まれり。

 

 

 

何というか、このアプリを使った感想は、
「ネットってやっぱり恐い」でした(笑)。

 

ネット婚活のスタートとしては、最悪だったと思います(^_^;)

 

↓↓続きはこちらです↓↓
【第2回】哲也の「Omiai」体験談(「Omiai」との出会い) はこちら

 

5ヶ月で10人の女性とデートし、2人の彼女を作った管理人の「Omiai」体験談はこちら
管理人の「Omiai」体験談


「Omiai」の特徴の紹介はこちら
Facebookの「Omiai」の徹底レビュー


「Omiai」の登録方法はこちら
出会える恋活アプリ「Omiai」の登録の仕方


「Omiai」の使い方・テクニックの紹介はこちら
初心者のためのFacebookの「Omiai」使い方講座

このサイトのメニュー

 【第1回】哲也の「Omiai」体験談(婚活開始!)

【第1回】哲也の「Omiai」体験談(婚活開始!) 【第1回】哲也の「Omiai」体験談(婚活開始!)

【第1回】哲也の「Omiai」体験談(婚活開始!) 【第1回】哲也の「Omiai」体験談(婚活開始!)

【第1回】哲也の「Omiai」体験談(婚活開始!) 【第1回】哲也の「Omiai」体験談(婚活開始!)

【第1回】哲也の「Omiai」体験談(婚活開始!) 【第1回】哲也の「Omiai」体験談(婚活開始!)