【第2回】哲也の「Omiai」体験談(「Omiai」との出会い)

30歳までに結婚をしよう!と婚活を決意し、合コンや
友達の紹介など出会いの機会を増やすも収穫無し。

 

切羽詰って、出会い系アプリに手を出し、痛い目に
あった前回の続きです。

 

「Omiai」との出会い

この上ない最悪な形で始まったネット婚活ですが、
諦めの悪い僕は、懲りずにネット婚活を続けます。

 

ある日の昼休みに会社でネットニュースを見ていると、
Facebookの「Omiai」というアプリがサービス開始わずか
1ヶ月半でマッチングが1万組を超えた
というニュースが
ありました。

 

そのニュース記事には気になる一文がありました。

 

Facebookユーザーは20~30代を中心に増加しているー。

 

ん?ということは、Facebookの利用者を前提にした
アプリである「Omiai」も20~30代の若者が中心
なのかー。

 

良いかもしれない、と感じ、家に帰ってからじっくりと
「Omiai」のサービスの概要に目を通しました。

 

いくつか特徴がありましたが、僕が気に入った特徴は
以下の3つです。

 

①プライバシー重視で、友達に自分が
「Omiai」を利用していることがバレる
ことがない
検索結果に友達が表示されない
「友達相互非表示設定」がある。

 

②Facebookのユーザー自体が若者中心
なので、必然的に「Omiai」利用者も若者中心
→自分のターゲット層と同じ。

 

利用料金も1ヶ月1980円(当時の価格。
現在は2780円~3980円、10代~20代女性は無料)と格安
1回飲み会を我慢すればお釣りが来る
低料金。

 

上記の特徴に惹かれて「Omiai」に登録してみることにしました。

 

早速プロフィールを作成して、自分の画像もUPしました。

 

その後の手順ですが、自分の好きな検索条件を設定して、
良いなと感じた人に「いいね!」を送信して自分の好意を
相手に伝えます。

 

相手も僕を気に入ってくれれば「ありがとう、よろしくね!」
と返事をしてくれ、メール交換ができるようになります。
(2通目のメール送信から男性は有料)。

 

その日はとりあえず会員登録だけ済ませ、翌日以降に
「いいね!」を押すことにしました。

 

これが4月6日(金)のことでした。

検索条件の条件設定で候補の女性を絞っていく。

さて、土日は家にこもって「Omiai」とにらめっこです。

 

色々な検索条件を設定して候補の女性を絞っていくのですが、
これがなかなか難しい。

 

当時は会員数も少なかったので、あまり細かく設定して
しまうと対象者がゼロになってしまったりするので、
上手い頃合いで検索条件を絞っていく必要がありました。

 

ここで、皆さんにとってはどうでも良い情報ですが、
僕が恋人に求める条件を披露したいと思います(笑)。

 

まず、年齢ですが、20~29歳くらいまで。

 

10代だと犯罪ちっくだし(笑)、30の大台を超えて
しまうと、20代の自分には上過ぎる気がしていたからです。

 

次に、身長ですが、僕は180cmあるので、相手の女性は
170cmオーバーでも問題ないです。逆に、下は150cm
あれば良いかな、と。

 

学歴は出来れば大卒が望ましいけど、高校卒以上であればOK。

 

結婚歴は、離婚歴のある人は無理!ということで
未婚の人限定に設定。

 

子供の有無についても、子持ちの人は無理なので、
子供いない人限定に設定。

 

職業・年収は不問。休日は土日の人限定。

 

その他は基本的に不問ですが、「Omiai」を利用する人
全員が厳しく条件設定した方が良い条件
があります。

 

それは、「最終ログイン日」です。

 

最後にログインした日がいつなのか、によって相手の
「Omiai」に対する本気度がわかる
ので、ここはシビアに
「1週間以内」以下に設定することをオススメします。

 

最終ログイン日が「1ヶ月以内」とか「3ヶ月以内」
の人は、「Omiai」に飽きたか、他に恋人が出来た人です。

 

どんなに魅力的なプロフィールの人でも、諦めて他を
探しましょう。

20人に「いいね!」を送って3人から「よろしくね!」が!

さて、僕の条件設定について、説明したところで、
話を次に進めましょう。

 

「Omiai」でプロフィールと画像を設定して、相手の
条件設定が終わったら、検索結果に出てきた異性の中から、
30人に「いいね!」を送ることができます。

 

ですが、ここで一度に30人送ってしまうと、
後で気になる人が見つかっても 「いいね!」を
送れないのは困ると考えて、20人に送信しました。

 

ちなみに、僕はショートカットの女性がタイプなので、
髪型がショートカットの人限定で「いいね!」を送信しました。

 

すると、土曜日ということもあって、その日のうちに、
3人から「ありがとう、よろしくね!」が帰ってきました。

3人のうち2人は脈アリ。そして、19歳学生とデートの約束!

早速3人とメールのやり取りを始めました。

 

まずは「ありがとう、よろしくね」と返してくれたことに
お礼を言うと同時に、自分が相手のどこに惹かれて
「いいね!」を押したかをメールで伝えました。

 

こうしたメールのテクニックは別の記事でも書いて
いきますが、相手からの返信率を高めるためには重要だと
思います。

 

メール一通ずつに、気持ちを込めてメールを送るように
していました。

 

さて、肝心のやり取りの内容ですが、

 

1人目は、住んでるところが近い、
という共通点がありました。

 

調理師をしていて、カラオケが好きとのこと。
僕はカラオケが大好きなので、共通の趣味を持ってる
が好印象です。

 

車を持ってて、毎週末ドライブしているというと、
ドライブに連れて行って欲しい、と言われました。

 

2人目は、読者モデル経験があるという
ショートカット美女

 

いやー、芸能人にいそうな感じの人でテンションが
上がってしまいました。

 

ただし、メールの返信が返ってきても、
一言二言でつれない感じ。脈はあまり無さそう。

 

3人目は、19歳の学生さん。

 

童顔で可愛らしいけど、ちょっと歳の差があり過ぎるなぁ、
犯罪ちっくだなぁ、と思いましたが(笑)、カラオケ好き
とのことなので、早速カラオケに誘ってみました。

 

すると、あっさりOKを貰いました!

 

嬉しい半面、19歳とカラオケ行って、盛り上がれるのか?
という不安が(笑)。

 

まぁ、不安はともかく、1週間後の土曜日に
カラオケに行く約束をしました。

 

「Omiai」を始めるまで、丸3ヶ月も収穫が
無かったのに、「Omiai」を始めて2日目に
デートの約束までしてしまいました。

 

テンポの早さに戸惑いつつ、月会費払って良かったヽ(*´∀`)ノ
と思う僕なのでありました(笑)。

 

↓↓続きはこちらです↓↓
【第3回】哲也の「Omiai」体験談(最初の彼女との出会い) はこちら

 

 

5ヶ月で10人の女性とデートし、2人の彼女を作った管理人の「Omiai」体験談はこちら
管理人の「Omiai」体験談


「Omiai」の特徴の紹介はこちら
Facebookの「Omiai」の徹底レビュー


「Omiai」の登録方法はこちら
出会える恋活アプリ「Omiai」の登録の仕方


「Omiai」の使い方・テクニックの紹介はこちら
初心者のためのFacebookの「Omiai」使い方講座

このサイトのメニュー

 【第2回】哲也の「Omiai」体験談(「Omiai」との出会い)

【第2回】哲也の「Omiai」体験談(「Omiai」との出会い) 【第2回】哲也の「Omiai」体験談(「Omiai」との出会い)

【第2回】哲也の「Omiai」体験談(「Omiai」との出会い) 【第2回】哲也の「Omiai」体験談(「Omiai」との出会い)

【第2回】哲也の「Omiai」体験談(「Omiai」との出会い) 【第2回】哲也の「Omiai」体験談(「Omiai」との出会い)

【第2回】哲也の「Omiai」体験談(「Omiai」との出会い) 【第2回】哲也の「Omiai」体験談(「Omiai」との出会い)