【第4回】哲也の「Omiai」体験談(初デート・告白)

童顔アイドル顔のショートカット美少女(20代前半)と
「Omiai」で出会い、知り合った当日に電話してデートの
約束を取り付けたのが前回までのお話です。

 

社会不安障害にかかっているとの告白

デートの約束を取り付けた後も、毎晩電話していました。

 

少しずつ本音でお互い自分自身の話をするようになり、
Yさんが社会不安障害という精神病にかかっていることを
知りました。

 

簡単に説明すると、「対人恐怖症」みたいなヤツです。

 

主な症状は、人前に出て注目を浴びると怖い、オフィスで
電話に出るのが嫌だ、レストランで対面で座るのが無理、
そもそもレストランに行きたくない、都会の街中を歩くと
恐怖感を覚える、などです。

 

それを聞いた僕は驚きましたが、対人恐怖症くらいなら、
僕が気を付けてあげれば大丈夫かな、二人で頑張れば
乗り越えられるかな、と思い、気にしないことにしました。

いよいよ初デート!

そして、土曜日になり、いよいよ初デートです。

 

都内某所の駅にて待ち合わせ。

 

待ち合わせ時間に、待ち合わせ場所に立っていると、
メールが届きました。

 

Yさん「ごめんなさい!遅れます」とのこと。

 

30分くらい待たされて(笑)、ようやくYさん到着。

 

可愛い!(*゚▽゚*)

 

でも、想像してたよりも背が小さい(笑)。

 

ミニモニ(死後)にも入れるなぁ、ってくらいです。
145センチとのこと。

 

身長の低さがコンプレックスとのことなので、
極力話題にしないことに。

 

あいにく土砂降りでしたが、カラオケBOXを探して
フリータイムで入りました。

 

4時間くらいカラオケしてましたので、歌も歌いつつ、
二人でじっくり話したりしました(カラオケ中も、
向かい合って座ると緊張する、というので隣同士に
なって歌いました)。

 

カラオケの後は、お好み焼き食べて帰りました。

 

でも、抜け目なく翌日の日曜日も遊ぶ約束をしました(*^^)v

告白→OK!の返事が貰える(*゚▽゚*)→あっと言う間の別れ

「Omiai」で知り合って1週間、毎晩電話して、
ようやく会ったわけですが、お互い好印象なのは
分かっていました。

 

翌日(4/15)、遊んだ際に、僕の方から告白して
付き合うことになりました。

 

OKを貰ったときは、嬉しかったですが、一応の意思確認
というような感じでしたね。

 

それから、僕らは付き合うことになるわけですが、
たった二週間で別れました(4/30)。

 

結論から言うと、僕が振られたんですが、振られて肩の荷が
降りた思いだったことは事実です(詳しくは書きませんが、
彼女は、社会不安障害以外の精神病にもかかっていたのです)。

 

たった二週間ですが、毎晩電話してましたし、土日祝日と
有休消化などで、6日間会っていました。

 

それで分かったのは、自分の想像していたよりも、
精神病というものは厄介、ということです。
楽しく話していても突然泣き出されたり。

 

毎晩、病気についてネットで一生懸命調べました。
良い病院はないか、良い薬や漢方はないか、など。

 

でも、僕が探しても本人が嫌がれば強制はできません。
何もできない自分の無力さとやるせなさを感じた
2週間でした。

 

性格も合ってなかったのかもしれません。

 

とにかく、4月は絶頂と失意の両方を味わいました。

 

振られて失意のままゴールデンウイークを過ごしました。

 

↓↓続きはこちらです↓↓
【第5回】哲也の「Omiai」体験談(試行錯誤) はこちら

 

5ヶ月で10人の女性とデートし、2人の彼女を作った管理人の「Omiai」体験談はこちら
管理人の「Omiai」体験談


「Omiai」の特徴の紹介はこちら
Facebookの「Omiai」の徹底レビュー


「Omiai」の登録方法はこちら
出会える恋活アプリ「Omiai」の登録の仕方


「Omiai」の使い方・テクニックの紹介はこちら
初心者のためのFacebookの「Omiai」使い方講座

このサイトのメニュー

 【第4回】哲也の「Omiai」体験談(初デート・告白)

【第4回】哲也の「Omiai」体験談(初デート・告白) 【第4回】哲也の「Omiai」体験談(初デート・告白)

【第4回】哲也の「Omiai」体験談(初デート・告白) 【第4回】哲也の「Omiai」体験談(初デート・告白)

【第4回】哲也の「Omiai」体験談(初デート・告白) 【第4回】哲也の「Omiai」体験談(初デート・告白)

【第4回】哲也の「Omiai」体験談(初デート・告白) 【第4回】哲也の「Omiai」体験談(初デート・告白)