【第7回】哲也の「Omiai」体験談(二人目の彼女との出会い)

実際に会ってみないと相手の雰囲気がよくわからないと判断し、
デート三昧の日々を過ごして婚活に精を出していた、というのが
前回でした。

 

猛烈に婚活を進めていたものの、少しずつ婚活に疲れが見え隠れします。

 

毎週のデートにさすがに婚活疲れが・・・

元々、僕は学生時代の元彼女と別れてから2年間、友達と
遊ぶとき以外は週末は家にいる、というインドア派でした。

 

それが「Omiai」で婚活をするようになってからというもの、
平日は毎日遅くまで仕事をして家に帰ってからは複数の女性
とメールと電話、週末は土日でデート三昧
です。

 

体を休める日がありません。

 

そんな生活を2ヶ月ほど過ごした7月下旬には、引きこもり
体質な僕
には、明らかな疲労感が出てきましたw

 

いわゆる「婚活疲れ」というヤツでしょう。

 

そして、毎回のデートでは、デート費用を僕が全部出すか、
多めに出していましたので、財布の方も厳しいです。
(元々あんまり貯金してませんでしたし)。

 

そろそろ体力的にも金銭的にもデートのペースを落とすか、
相手を決めないといけないな・・・、と考えていました。

2人目の彼女との出会い

そんな7月も終わりに差し掛かったある日のこと。

 

いつものように、仕事から帰って「Omiai」の画面を開き、
女性へのメールの返信をしてから、プロフィールの条件検索を
して他に気になる人がいないか探していました。

 

すると、いました!タイプの子が!!(*゚▽゚*)

 

どれどれ、とプロフィールを見ても真面目そうだし、
料理が趣味というのが高ポイント(*´∀`)

 

海外旅行好きということで自分も海外に行きたいので、
興味も一致。歳も20代半ばで理想的。

 

しかも、新規入会者なので、「よろしくね!」が返ってくる
可能性が高い
です。

 

急いで「いいね!」と押してその日は寝ました。

 

思えば、この相手(Tさん)に送った「いいね!」が
7月に押せる最後の「いいね!」だったので、
非常に幸運でした。

 

こうした偶然も何となく「運命」を信じる
若干ロマンチスト(笑)な僕にとっては、
意味のあることでした。

 

翌日、仕事から帰ってきて「Omiai」を開くと相手から
「よろしくね!」が来てましたヾ(*´∀`*)ノ

 

早速メール交換です。

 

ありがたいことに、僕が相手に好印象だったように、
向こうも僕に好感を持ってくれたようです。

 

それならば、といつものように「電話してみましょう」と
メールしてみたのですが、「会ったこともない人と電話
するのは恥ずかしいので無理」
とのこと。

 

僕もたくさん「Omiai」で知り合った女性とメール・電話
してきましたが、やはり中にはこういう「メールしか
してない人と電話は無理」という人が何人かいました。

 

こういう「会ったこともない人と電話は無理!」という人と
電話したい場合は、焦らずにメール交換を続けるか、一度
デートするようにしましょう。

 

既に、僕も「電話無理!」という女性は何人か接して
きましたので、じっくりLineでメッセージ交換をして、
デートに誘う作戦に切り替えました。

 

それから毎日メールしました。お互いの趣味や性格を
少しずつ理解していく段階です。

 

メールを始めて1週間ほど経ってから、
Tさんの方から「哲也さんと電話したく
なってきたかも」
と言ってきました(*゚▽゚*)

 

早速Lineで電話です。

 

今となって懐かしいのですが、Tさんは僕が年上
ということで敬意を払って敬語で話してくれました。

 

ですが、会社の同僚とかならまだしも、友達や恋人など
対等な、親しい関係で敬語を使うのはちょっと変
です。

 

敬語を使うと、どうしてもよそよそしい感じになってしまう
ので、仲良くなるためには敬語は使ってはいけません。

 

どんなに歳が離れていても、極力タメ語を使うように
しましょう。

 

Tさんにもタメ語で話して、とお願いして会話を続け、
1週間後にデートする約束をしました。

初デートで好きです、と伝える

さて、1週間後になり、東京の上野駅近くのスタバで
待ち合わせることになりました。

 

先にスタバに着いてスターバックスラテを飲みながら
待っていると、「10分くらい遅れます」とメールが来ました。

 

Tさんがスタバに着き、先にTさんが僕を見つけました。
写真よりも実物の方が良かったそうです。

 

僕もTさんに気付きました。実物の方が可愛かったです。
はい、ノロケてすみませんw(*´∀`*)

 

お互い照れながら挨拶し、上野の街をブラブラ歩きました。

 

途中ご飯を食べてカラオケに。

 

初デートでしたが、性格も相性も良く、今まで会った女性の
中で一番好印象でした。

 

このまま「Omiai」で婚活を続けても、Tさん以上の人で、
しかも、相手も自分に好感を持ってくれる人と出会うのは
いつになるかわからないな、と考えました。

 

そこで、いきなりですが、初デートなのに帰り道で告白
しました。

 

これには相手も驚いていました(驚かすのも狙いの一つ
だったのですが)。

 

突然だったので、Tさんはその日は答えは出しませんでした。

 

でも、僕の好意はしっかりと伝わったようで、手を繋いで
駅まで帰りました。

 

もちろん、また翌週デートをする約束しました。

 

後に、後日談で話を聞いたところ、このいきなりの告白は
若干不評
でした(苦笑)。

 

曰く、「他の人にも簡単に『好きです』とか言ってん
じゃないの?って思った」そうです・・・(ノД`)

 

うーん、ドキドキ感の演出のつもりだったのですが、
イマイチだったようです(´・ω・`)

 

↓↓続きはこちらです↓↓
【第8回】哲也の「Omiai」体験談(二人目の彼女との交際~2012年12月現在まで) はこちら

 

5ヶ月で10人の女性とデートし、2人の彼女を作った管理人の「Omiai」体験談はこちら
管理人の「Omiai」体験談


「Omiai」の特徴の紹介はこちら
Facebookの「Omiai」の徹底レビュー


「Omiai」の登録方法はこちら
出会える恋活アプリ「Omiai」の登録の仕方


「Omiai」の使い方・テクニックの紹介はこちら
初心者のためのFacebookの「Omiai」使い方講座

このサイトのメニュー

 【第7回】哲也の「Omiai」体験談(二人目の彼女との出会い)

【第7回】哲也の「Omiai」体験談(二人目の彼女との出会い) 【第7回】哲也の「Omiai」体験談(二人目の彼女との出会い)

【第7回】哲也の「Omiai」体験談(二人目の彼女との出会い) 【第7回】哲也の「Omiai」体験談(二人目の彼女との出会い)

【第7回】哲也の「Omiai」体験談(二人目の彼女との出会い) 【第7回】哲也の「Omiai」体験談(二人目の彼女との出会い)

【第7回】哲也の「Omiai」体験談(二人目の彼女との出会い) 【第7回】哲也の「Omiai」体験談(二人目の彼女との出会い)