恐るべし!婚活ベストショット写真の威力。「盛った写真」は怖い

 

こんにちは。哲也(@aizawa_tetsuya)です。

 

今日は、前回の記事でも書いた首都圏在住の人とFacebookのアカウントを教えました。

 

Omiaiのプロフィール写真では僕のタイプで可愛い人だったので、すごくハッピーです!!(*゚▽゚*)

 

で、Facebookのアカウントを見てみたところ・・・。

 

そのプロフィール写真とFacebookの個人ページにupされている写真が微妙に、というか、かなり違うような・・・???

 

ホントに同一人物???

 

 

あー・・・。

 

 

うーん・・・。

 

 

つまり、アレだ。

 

 

Omiaiのプロフィール写真は、いわゆるベストショット写真だったわけですねー・・・。

 

確かに、あのアングルから撮ればこう見えなくもないよね、みたいな。

 

 

カメラアングルの妙、ですね。

 

Omiaiのプロフィール写真って解像度低いからなぁ・・・。

 

こういうミスマッチは起こりやすいんです。

 

僕自身、前回の婚活の際は、事前に見てた顔写真と印象が全然違う人と会うことが結構ありました。

 

サブ写真の方が解像度高いので、容姿に自信がなかったり、恥ずかしかったりして、サブ写真をupするのは嫌な人もいるとは思います。

 

でも、僕は、Omiaiのサブ写真は色んな顔写真をしっかり載せた方が良いと思ってます。

 

こう書くと「やっぱり顔で判断するのか!」と言われると思います。

 

まぁ、確かに顔で判断したり・判断される部分はあるでしょうから、否定はしません。

 

でも、それ以前に、盛った写真だけを載せて、「いいね!」貰ったり、「よろしくね!」と返されても、別の写真を見せたり、会ったりしたときに相手にガッカリされるのって嫌じゃないですか?

 

(僕としてもガッカリした様子を相手に悟られるのは嫌ですし)。

 

僕はそれが嫌で、自分は並のルックスだと自覚していても構わず顔写真をふんだんに載せてます。

 

「自然体の、等身大の僕」を気に入ってくれる人と会いたいからです。

 

こんな自分でも、それでも良いと思ってくれる人と会いたい。

 

だからこそ、前回の婚活でも僕はデートした女性には「写真と同じだね」「安心した」といつも言ってもらえていました。

 

正直なところ、事前に知ってる顔写真と会った時の実物が違うとその日のデートは「会ったその瞬間」からマイナススタートですからね。

 

(写真よりも実物の方が良かった場合を除く)。

 

初デートで会う瞬間ほど盛り上がる瞬間はないのに、そのタイミングで印象を悪くなって気分が盛り下がるなんて、その恋が成功する可能性はかなり低くなりますよね。

 

盛った写真だけ載せても良いことはないと思います。

 

まぁ、今回のことは勝手に盛り上がった僕が完全に悪いんですがね・・・。

 

でも、どうしよう。

 

もう散々口説いた後だったんですけど(((゜Д゜;)))

 

(口説いたというか、褒めちぎったというか)。

 

どうすんのよ、一体・・・(゜´Д`゜)

 

必殺「フェードアウト」の術しかないですね。

 

徐々にメールのペースを落としていきます。

 

いつ会えるか、何するか、相談レベルの話で止まってて良かった。まだ会う約束まではしてないので。

 

引くに引けないレベルまで行かずに良かったです・・・。

 

次のページはこちら
婚活再開後、初めてのデートでした。

 


↓気になる記事をチェック↓





このブログの管理人(相澤哲也)プロフィールはこちら


哲也の婚活体験談(10分で読めるまとめ・ダイジェスト版)はこちら


管理人が婚活当時にリアルタイムに書いてた婚活日記はこちら


婚活入門講座(心構え・恋愛テクニック)はこちら


管理人オススメの婚活サイト・恋活アプリはこちら


男目線で答える婚活・恋愛相談コーナー(男性心理を解説)はこちら


↓記事を更新したらツイッターに告知してるので、ぜひフォローしてください!↓


↓「いいね!」を頂けるとブログ更新の励みになります!↓


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



このエントリーをはてなブックマークに追加