出会える恋活アプリ「Omiai」の登録の仕方

 

このページでは、「Omiai」の登録の仕方を紹介します。

 

Omiaiの登録の仕方

 

まず、↓のページでアプリをダウンロードします。

 

 

Facebook恋活アプリOmiai」のリンクをクリックして、「Omiai」のページに飛ぶと、下のような画面が表示されますので、内容を確認してから下の方にある「Facebookでログイン」を押してください。

 

 

①簡単なプロフィールを記入する

 

次に、あなたのプロフィールを登録する画面が出てきますので、記入していきます。

 

出会える恋活アプリ「Omiai」の登録の仕方

 

出会える恋活アプリ「Omiai」の登録の仕方

 

記入が終わったら「更新」を押してください。

 

②希望する相手の条件を設定する

 

色々立て続けに入力画面が出てきますが、次はあなたが希望する相手の条件を設定していきます。

 

一番簡単なものとして、「年齢」「国籍」「使用言語」「居住地」を設定します。

 

出会える恋活アプリ「Omiai」の登録の仕方

 

「年齢」「国籍」「使用言語」「居住地」の設定が終わったら、より細かい条件を設定していきます。

 

どんな相手がタイプなのか思い浮かべながら、記入していってくださいね( ^ω^)

 

出会える恋活アプリ「Omiai」の登録の仕方

 

出会える恋活アプリ「Omiai」の登録の仕方

 

出会える恋活アプリ「Omiai」の登録の仕方

 

出会える恋活アプリ「Omiai」の登録の仕方

 

出会える恋活アプリ「Omiai」の登録の仕方

 

出会える恋活アプリ「Omiai」の登録の仕方

 

ここまで記入すれば、とりあえずは自動で表示される質問事項は終わりです。

 

参考までに、いくつかの質問項目と僕が婚活当時に設定していた相手の希望条件を紹介します。

 

年齢:

自分が28歳だったので、とりあえず「20歳~28歳」を相手の条件にしていました。

 

国籍:

国籍は問いませんでした。当時、僕は海外駐在願望があり、欧米人なら英語教えて貰えるし、アジア人なら、その国の言葉を教えて貰うつもりでした。

 

ちなみに、別に英語が話せた訳ではありません。教えて貰いたかったんです(笑)。

 

居住地:

希望居住地が日本なのは当たり前ですが、東は東京・千葉から、西は大阪・神戸まで遠征するつもりで設定していました。

 

理由としては、元々社会人になってから学生の頃から付き合っていた彼女との遠距離恋愛を経験していたことと、少しでも素敵な相手との出会いのチャンスを逃したくなかった、という感じですかね。

 

・・・まぁ、なかなか珍しいタイプだと思いますよ、自分でも(笑)。

 

さて、話を進めます。

 

移住可能か否か:

ここでは相手の条件設定なので、「自分のために引越しできますか?」って質問です。引越ししてくれる人を探すのか、問わないかの二択ですかねぇ。

 

この質問は、僕が婚活していた当時は無かったですね。今、答えるとすれば、「時と場合による」か「問わない」ですかね。

 

出身地:

出身地は問いませんでした。外人OKです(笑)。

 

同居人:

家族と住んでるか、ルームメートがいるか、一人暮らしか等の条件についての質問です。

 

本音としては「一人暮らし」希望でしたが、「問わない」と回答していました。

 

身長:

相手の希望身長ですね。これは個人的には182センチあるので、自分より高くなければ良いんですが、とりあえず「150~175センチ」と設定していました。

 

他にも、人種や髪の色、瞳の色、宗教など色々質問事項がありますが、飛ばします。

 

次は、結婚に関する価値観についての質問です。

 

結婚歴:

相手に求める「結婚歴」ということですが、要は離婚歴OKなのかNGなのか、ということですね。

 

僕は未婚で、同じく未婚の人が良かったので、「独身(未婚)」を選択していました。

 

子供の有無:

これも、自分の器の大きさを問われる質問ですが(笑)、ここでも僕は「子供なし」を選択しました。

 

やはり、他の男の子供は愛せないっす(ーー;)

 

結婚への意向:

本音では「30歳までに結婚」プランがあったので、「2~3年のうちに」を選びたかったですが、出会いの選択肢を狭めたくなかったので、「問わない」としました。

 

子供が欲しい:

子供はぜひ欲しいので、「子供が欲しい」という相手を希望しました。将来的に「子供が欲しい」に変わるかもしれないので、「わからない」という人もチェック。

 

「子供いらない」という人だけ除外しました。

 

タバコ:

僕も吸いませんし、相手にも吸って欲しくないので、「吸わない」を選択。吸う人はごめんなさい。

 

学歴:

相手の学歴については、問いませんでした。

 

個人的には、頭が良ければ良いほど好印象ですが、人としてしっかりした人であれば、学歴は重要ではない、という考えです。

 

職業:

職業も問いませんでした。

 

実際に会ってみて「それはちょっと・・・」ってケースももしかしたらあったかもしれないですが、僕が連絡を取った人たちは普通の人たちでした。

 

年収:

年収も問わず。

 

休日:

相手の休日については、僕が土日休みなので、土日休みの方が良かったですね。遠距離恋愛の可能性が高かったので。

 

社交性:

社交性は自分が相手に合わせれば良いと思ったので、どれでも良かったのですが、「一人が好き」って人だけは除外しました。

 

これは人それぞれ好みの選択肢をチェックすれば良いと思います。

 

性格・タイプ:

これも色々選択肢はありましたが、別にどうでも良いや、と思って記入しませんでした。

 

ここで書いてる自己申告と実際に会ってみたら印象が違う可能性があるので。

 

下手にチェックを入れて出会いの選択肢を狭めるよりも、性格・タイプは電話したり実際に会うことで判断しようと決めていました。

 

出会うまでの希望:

要は知り合ってから、どれ位の期間で実際に会ってみたいと思ってるのか、という質問ですね。

 

ここでは「相手の条件設定」をしているので、ガンガン会いたい!と思ってる相手を探すのか、それともじっくりメール交換してから会いたい・・・と思ってる相手を探すのか、を選ぶことになります。

 

これは僕が婚活していた当時は無かった質問です。

 

まぁ、僕だったら、下手に相手の条件を細かく設定して出会いのチャンスを狭めるのが嫌なので、「問わない」を選んでいたと思います。

 

あなたが女性で、ネットでの出会いに不安がある場合は、「しっかりとメール交換を重ねてお相手と会いたい」を選ぶことをオススメします。

 

初回デート費用:

最初のデート費用はどっちが出すの?というキツイ質問ですね。

 

相手の金銭感覚がわかってしまう質問です。これも当時は無かった質問です。

 

割り勘で払いたい人を探すのか、男が多めに払うべき、と考えている人を探すのかで選択してください。僕だったら、例によって、出会いの選択肢を狭めたくないので、「問わない」を選びます。

 

好きな活動と趣味・関心:

自由記入欄ですので、お好きな活動を書いてください。

 

カラオケが好き人を探したければ「カラオケ」

 

ディズニーが好きな人を探したければ「ディズニー」

 

漫画・アニメが好きな人を探したければ「漫画」「アニメ」

 

と記入してください。

 

ここまで記入すれば、とりあえずは自動で表示される質問事項は終わりです。お疲れ様でした。

 

あとは自分のプロフィールを詳しく書いていくわけですが、それはまた別の記事で紹介します。

 

続きはこちら
「Omiai」のプロフィールを作成してみよう

 


↓気になる記事をチェック↓





このブログの管理人(相澤哲也)プロフィールはこちら


哲也の婚活体験談(10分で読めるまとめ・ダイジェスト版)はこちら


管理人が婚活当時にリアルタイムに書いてた婚活日記はこちら


婚活入門講座(心構え・恋愛テクニック)はこちら


管理人オススメの婚活サイト・恋活アプリはこちら


男目線で答える婚活・恋愛相談コーナー(男性心理を解説)はこちら


↓記事を更新したらツイッターに告知してるので、ぜひフォローしてください!↓


↓「いいね!」を頂けるとブログ更新の励みになります!↓


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



このエントリーをはてなブックマークに追加