彼氏がいる女の子の落とし方とは?振り向かせるタイミングは?

彼氏がいる女の子の落とし方とは?振り向かせるタイミングは?

 

こんにちは。哲也(@aizawa_tetsuya)です。

 

今回は「彼氏がいる女の子の振り向かせ方」について考えてみたいと思います。

 

※目次のリンクを押すと、その段落までジャンプします

 

「キーパーがいたらシュートしないのか?」という名言

 

男なら誰しも「好きになった女性に彼氏がいた」なんて経験をしたことがあると思います。

 

そんな時、皆さんはどうしますか?

 

スッパリ諦めて他の女性を探しますか?

 

それとも、諦めずにその女性を追いかけますか?

 

僕の友達がこう言っていました。

 

「彼氏がいない女の子は周りの男全員ライバルだけど、彼氏がいる女の子ってのは、ライバルが一人(=彼氏)しかいないんだぜ」

 

これを聞いた僕は、「おー、なんか良くわかんないけどカッコ良いこと言うじゃないか」と感心したものですが、Twitterを調べたところ、もっとカッコイイことを言う人がいました。

 

↓以下、Twitterのつぶやき


 

カッコ良いー!(笑)

 

@KazumineOharaって人が元のつぶやきをしてるみたいですが、検索からオリジナルのつぶやきを拾えなかったので仕方なくはあちゅう氏のRTを拾ってきました。

 

まぁ、カッコイイとは言いましたが、略奪愛が許されるのは、相手が独身だった場合ですからね。

 

既婚者から略奪愛すると色々複雑ですから止めた方が良いでしょう。最悪訴えられかねませんからね。

 

で、記事タイトルにあった「彼氏のいる女の子の落とし方」ですが、僕は「相手の女の子の心のすき間に入り込む」ことをおすすめしますね。

 

彼氏がいる女の子って、案外タイミングによっては落としやすいと思います。

 

彼氏がいる女の子の気を引くタイミングは彼氏とケンカした時

 

どういうことかというと、24時間365日順風満帆なカップルなんてありえないわけですよ。

 

2年、3年と付き合って行けば彼氏と上手く行ってない瞬間がどんな女の子にだってあるわけです。

 

僕と今の彼女だって、別れ話は何度かしてますからね。

 

その彼氏と上手く行ってない瞬間にスッと女の子の心に入り込めることが出来れば、勝負アリ!なわけですね。

 

彼氏と上手く行っていない瞬間にスッと女の子の心に入り込むためには普段から相談されやすいポジションを確保しておくことです。

 

女の子が寂しくなったときにメール相手や話し相手になってあげる、「良き理解者」「都合の良い人」になりましょう。

 

普段から女の子のそばにいて、「困ったときにはいつも〇〇君がいた」状態が理想です。

 

でも、彼氏とラブラブな状態のときに告白なんかしたら、敬遠されるのがオチなので、自分の恋心は「ここぞ!」という瞬間まで封印しないといけません。

 

あくまでも恋心は隠して「良き相談者」になり、彼氏とのすれ違いで開いてしまった「心のすき間」を埋めてあげるのです。

 

そして、彼氏との仲が決定的に悪くなった段階で、

 

「俺なら〇〇をもっと幸せにしてあげるよ」

 

とか

 

「俺なら寂しい思いはさせない」

 

とか言って口説き落とせばいいのです。

 

彼氏の悪口は言ってはいけない。彼氏を褒める・擁護する。

 

で、そして、大事なのは普段から彼氏のことを「良い彼氏さんだよねー」と褒めること、女の子から彼氏を責める言葉が出てきたら彼氏を擁護することですね。

 

「彼氏も悪気はなかったと思うよ」とか。

 

下手に女の子が悪口を言ってるのに同調して彼氏のことを「酷い男」呼ばわりすると、あなた自身の印象が悪くなってしまう恐れがあるし、女の子が「そんなことない、彼氏にも良いところがある!」と意地になって反論してくるかもしれないからです。

 

そうなると、「雨降って地固まる」になってしまい、女の子は彼氏と関係を修復してしまいます。

 

辛抱強く、彼女の心が彼氏から離れるのを待つのが一番です。

 

彼氏がいる女性を振り向かせるのは精神的に辛い長期戦になる

 

この「彼氏がいる女の子を振り向かせる作戦」は、長期戦になります。

 

いつ女の子が彼氏とケンカするか分かりませんからね。

 

半年後にケンカするかもしれないし、1年後になるかもしれない。その間、虎視眈々と待つしかないわけです。

 

彼氏とラブラブなときも女の子と疎遠にならないために、ちょくちょくメールしなきゃいけません。

 

普段から一定の距離感を保ち、信頼関係を築いておくことが重要です。

 

でも、せっかく二人で飲みに行っても、彼氏とのノロケ話を聞かされるかもしれません。

 

挙句の果てには好きな女の子に

 

「彼女作らないの??彼女作ればいいのにー(笑)」

 

とか言われちゃうかもしれません。

 

好きな女の子にそんなセリフを言われた日にゃ、号泣して枕を濡らすしかないでしょう。

 

彼氏がいる女の子を追いかけるということは、そういう辛い局面でも心が折れずに待ち続けることができるのか精神面での強さが求められます。

 

辛抱強く待って必ず見返りがあるなら頑張れますが、最悪そのまま女の子が彼氏と結婚することもありえますからね。

 

これは長く、苦痛を伴う作戦です。

 

SかMかで言えば、「ドMにしかできない作戦」です。

 

でも、冷静になって考えて欲しいのは、彼氏とラブラブなときに略奪愛を狙っても失敗するだけです。

 

彼氏とラブラブな時は、その女の子にとって「彼氏が一番」「彼氏しか見えない」状態ですから。

 

可哀想ですが、そんなラブラブの時に告白しても、幸せな二人の邪魔をするピエロになるだけです。

 

この辛抱強く彼氏との関係が悪くなった瞬間を狙う作戦は、勝率が一番高い方法ですので、どうしてもその女の子を落としたいなら実行してみてください。

 

「女の子は星の数ほどいる」という事実も忘れてはいけない

 

ちなみに、こうじっくり攻めろと長々と書いてきましたが、僕自身は気になる女の子に彼氏がいた場合、正直すっぱり諦めますね。

 

だって、待つの面倒くさいじゃん?みたいな。

 

学生時代だったらまだしも、もう30代ですからね、僕も。

 

1人の女の子に執着してるのは時間の浪費だと感じるようになりました。

 

僕の婚活体験談を読んでもらえば分かると思いますが、僕は会社の同期の女の子を振り向かせようと26歳から28歳までの2年間追いかけました

 

正直、あの時期は実りの少ない時間でしたね。デートに誘っても空振りばっかりだったし。

 

押したり引いたりあの手この手でアプローチの仕方を変えてみましたけど、相手が激務で恋愛どころじゃなかったのでどうしようもなかったんです。

 

今にして思えば、あの頃の自分にこうアドバイスしたいです。

 

人生の一番楽しい時期を一人で悶々と過ごしてて良いのか?

 

もっと良い出会いがあるんじゃないのか?

 

そう自問してみても良いかもしれません。

 

世の中、女の子なんて星の数ほどいるんですよ?

 

ある調査によれば、20代の独身女性の7割は彼氏がいないんだとか。

 

意外と街で見かける可愛い子や美人さんも恋人がいないのかもしれないですよ。

 

ネットを使えばいくらでも出会いなんてあるんですから。少し視野を広く持つだけで出会いなんていくらでも広がります。

 

1人の女性にのめり込むあまり、視野が狭くなってないですか?

 

1人の女性を思い募る気持ちは尊いものですが、彼氏とラブラブだと待つ時間も長くなりますし、待ったからと言って上手く行く保証なんてないですからね。

 

1人の女性を追いかけるのなら、例えば「1年間だけ」と期限を決めて追いかけた方が時間を浪費せずに済むでしょう。

 

1年間だけその好きな女の子に自分の人生を捧げる気持ちで待つことにして、1年経って別れる気配が無ければスッパリ諦めましょう!

 

新しい出会いなんて探せばいくらでもあるんですから。

 

ちなみに、会社の同期の女の子を2年間追いかけたものの、諦めてネットで出会いを探した管理人のその後の恋愛模様はこちらになります↓

 

管理人の婚活体験談
【第1回】哲也の婚活体験記(婚活開始!)


管理人からのお知らせ

New!管理人の婚活日記を読みやすいように整理しました。


このブログの管理人(相澤哲也)プロフィールはこちら


管理人が婚活当時にリアルタイムに書いてた婚活日記はこちら


婚活入門講座(心構え・恋愛テクニック)はこちら


管理人オススメの婚活サイト・恋活アプリはこちら


男目線で答える婚活・恋愛相談コーナー(男性心理を解説)はこちら


↓記事を更新したらツイッターに告知してるので、ぜひフォローしてください!↓


↓「いいね!」を頂けるとブログ更新の励みになります!↓


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



このエントリーをはてなブックマークに追加


このブログの人気記事