理系の男子学生は、出会いが無さ過ぎて困ってるらしい。

理系の男子学生は、出会いが無さ過ぎて困ってるらしい。

 

こんにちは。哲也(@aizawa_tetsuya)です。

 

今回は「理系の男子学生の恋愛事情」をテーマにしてみたいと思います。

 

理系の大学生は「出会いが無さすぎる」らしい

 

ヨッピーさんっていうネット芸人のような体当たり記事が得意なライターさんがいます。

 

僕は結構ヨッピーさんのファンなんですが、その人が書いた記事で「若者の恋愛離れは本当か!?理系の童貞大学生に恋愛事情を聞いてみた」というのがありました。

 

この記事では、若者の恋愛離れを検証すべく、国立の電気通信大学の学生3人にインタビューしています。

 

内容としては、まぁ予想通りというか、「理系の大学は、男ばかりの環境のため、全く出会いがない」という感じの記事です。

 

電気通信大学の大学の女性比率は14%

 

どれくらい男だらけの環境かと言うと、こんな記述がありました↓

 

学生「毎年、入学式に学長が男女比率を言うんですけど、僕の年は女性が14%でした。

 

それで『女性が増えました!』って学長が喜んでるんですよ。

 

実際のところは女性限定の奨学金を作ったりしてて。お金で女性を買ってるようなもんじゃねえか、っていう」

 

ヨッピーさん「そうなると、やっぱり学内にはオタサーの姫みたいなのがたくさんいるんですかね?」

 

学生「いっぱいいます。男が女の子をぐるっと囲んでたり。まあ全員童貞なんですけど。

 

囲んでるやつは全員童貞なのに、姫は非処女っていうパターンは相当あるでしょうね。悲しすぎますよ。

 

理系大学は圧倒的に女性優位なうえに、みんな女性慣れしてないんで、ついついチヤホヤしちゃうんですよね。

 

小保方さんのやつもこういうのがバックグラウンドにあるんじゃないかな?」

 

引用元:若者の恋愛離れは本当か!? 理系の童貞大学生に恋愛事情を聞いてみた

 

うーん、まぁ、理系の大学ってこんなもんでしょうね。

 

理系の学生は、研究室に入るまでの人脈作りが超重要

 

むしろ、女の子が14%って理系の大学にしては相当頑張ってる印象ですね。

 

僕の高校の友達、理系の国公立大学に行きましたけど、「40人のクラスに女の子が2人しかいない」って嘆いてましたから(笑)。

 

2人の女の子に38人の男が競ってアプローチする構図が目に浮かびますw

 

まさに「お姫様扱い」でしょうね。

 

僕も娘ができたら理系に行かせようかな、と一瞬思いましたが、ガチの理系だとあんまり「キャピキャピ」した感じがなくて華がないからなぁ。

 

行きたがらないかな。

 

同じ理系でも薬学部とかだと女子比率高いですよね。看護とか。

 

そっちだとまだ華やかで良いでしょうね。

 

理系学生は、学内に出会いがないなら、大学の外で出会いを見つけるしかないですよねぇ。

 

ただ、研究で忙しくてバイトするのも大変だったりするので、合コンとかが出会いのメインでしょう。

 

特に、大学3年以降は、研究室に入って忙しくなるので、大学2年までの人脈が超重要という印象ですね。

 

高校時代までの友人関係と、大学1~2年までのサークル活動・バイト仲間などのコネが全て、という僕が学生だった頃の理系男子の恋愛事情でした。

 

どれだけ大学以外の人脈を持ってるかで彼女ができるのかが決まるって感じでしたね。

 

今は、合コンも恋活アプリもあるから昔より出会いやすい

 

ただ、今はネットで恋活アプリ使えば、簡単に出会える時代ですからね。

 

出会いの方法は昔より広がってると思うんですけど、勉強が忙しくて知らないのかな?

 

あんまりそこまでガツガツしてないってのもあるんでしょうけど。

 

真面目に勉強して日本の技術を支えて欲しいですが、勉強や仕事だけが人生ではないので、ちゃんと恋愛も楽しんでほしいですね。

 

関連記事
大学の出会いの定番は、やっぱりサークル・バイト・授業・合コン?


管理人からのお知らせ

New!管理人の婚活日記を読みやすいように整理しました。


このブログの管理人(相澤哲也)プロフィールはこちら


管理人が婚活当時にリアルタイムに書いてた婚活日記はこちら


婚活入門講座(心構え・恋愛テクニック)はこちら


管理人オススメの婚活サイト・恋活アプリはこちら


男目線で答える婚活・恋愛相談コーナー(男性心理を解説)はこちら


↓記事を更新したらツイッターに告知してるので、ぜひフォローしてください!↓


↓「いいね!」を頂けるとブログ更新の励みになります!↓


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



このエントリーをはてなブックマークに追加


このブログの人気記事