優良な結婚相談所の選び方(その2:成果報酬型の料金システム)

優良な結婚相談所の選び方(その2:成果報酬型の料金システム)

 

こんにちは。哲也(@aizawa_tetsuya)です。

 

前回は、結婚相談員(カウンセラー)の質で結婚相談所を選びましょう、と書きましたが、今回は会費の面から結婚相談所の選び方を考えてみたいと思います。

 

結婚相談所の料金システムは2通りある

 

結婚相談所の料金システムを調べてみると、2通りの料金体系になっていることがわかります。

 

1つは、入会の際に、入会費・活動サポート費を一括で支払い、さらに月々の月会費を支払うパターン(パターンAとします)。

 

もう一つは、入会の際に、入会費・活動サポート費を一括で支払い、月々の月会費も支払った上で、いざめでたく結婚が決まるとさらに「成婚料」と呼ばれる成果報酬を支払うパターン(パターンBとします)。

 

成果報酬である「成婚料」が発生する結婚相談所を選ぶべし!

 

これは普通の感覚では、結婚が決まったときに支払う「成婚料」なんて払いたくないですよね。

 

でも、僕が結婚相談所を選ぶとするなら、「成婚料」が発生する結婚相談所を選びます。

 

なぜか。

 

なぜなら、結婚支援の成果報酬である「成婚料」が発生する結婚相談所の方が必死になって婚活を支援してくれるからです。

 

これは会員側の視点では分かりにくいかもしれないので、企業側の視点に立って考えてみてください。

 

仮に、入会金と活動サポート費、月会費だけのパターンAの料金体系の結婚相談所だと、企業の側からすれば、できるだけ会員を続けてもらいたいはずです。

 

逆に言うと、結婚が決まって退会してもらっちゃ儲けが減るわけです。

 

こうした料金体系から、前回の記事で触れた「新規会員獲得に全力を注ぎ、いざ入会すると放置プレイ」という問題に繋がるわけです。

 

企業側の利益(長く会員でいて欲しい)」と「会員の利益(早く結婚して退会したい)」が相反する状態になるわけです。

 

逆に、入会金・活動サポート費、月会費の他に成果報酬が発生するパターンBなら話は違います。

 

結婚が決まるたびに成果報酬が発生するわけですから、(成果報酬が高ければ高いほど)会員にどんどん結婚して欲しいわけです。

 

これは僕の完全な憶測ですが、成婚料が5万円の結婚相談所なら、おそらく1~2万円程度はカウンセラー個人にも成果報酬が支払われてるんじゃないでしょうか?

 

たぶん、成婚料が20万円とかする結婚相談所なら3~5万円はカウンセラー個人に支払われるんではないかと勝手に推測してます。

 

(さながら保険営業や不動産の営業が契約を取れば成果報酬をもらえるのと同じようにです。あくまで僕の完全な憶測ですが)。

 

そう考えると、成果報酬が貰えるパターンBの結婚相談所の方が
カウンセラーとしても、会員の婚活サポートに親身に、真剣になって相談に乗ってくれると思いませんか?

 

確かに、「入会金・活動サポート費の他に月会費を払ってるんだから、プロなら成果報酬無くてもしっかりサポートしろ」と思うかもしれません。

 

そりゃ、成果報酬なくてもサポートしてくれると思います。

 

プロなんですからね。

 

でも、人間、目の前にニンジンぶら下げられれば、もっと頑張るよね、という当たり前のことを僕は指摘しているだけです。

 

少なくとも、企業側の利益(早く結婚して成婚料払って欲しい)」と「会員側の利益(早く結婚して退会したい)」は一致しているので、こちらの方が健全だと思います。

 

何のために結婚相談所に入会するのか?

 

ここまで読んできて「えー、ただでさえ高い結婚相談所なのに、成婚料まで払うのヤダー」と思ってる方もいると思います。

 

でも、考えてみてください。

 

今、この記事を真剣に読んでいるということは、割と真剣に結婚相談所に入会することを検討しているということだと思います。

 

あなたが今、高い会費を支払って結婚相談所に入ることを検討しているのはなぜですか?

 

言うまでもなく、「結婚するため」でしょう。

 

そのためには、成果報酬にこだわり、成婚率向上のために、結婚相談員(カウンセラー)が一生懸命サポートしてくれる結婚相談所を選んだ方が良いのです。

 

IBJメンバーズは成婚率51.6%!

 

そんな中、成婚料という成果報酬システムを導入し、51.6%という高い成婚率を叩き出している結婚相談所がIBJメンバーズです。

 

つまり、会員になれば、半分の人が結婚できるということです。

 

「51.6%」という数字を見て、「え、それ高いの?低いんじゃない?」と思った人も多いんじゃないかと思います。

 

僕も思いました(笑)。

 

ですが、他の婚活サービスと比較することで、この51.6%の数字の高さがわかります。

 

大手の結婚相談所で唯一会員数と成婚退会者を公表しているオーネットでは、会員数40,220人に対して2012年の成婚退会者数が4,026人です。

 

40,220人(会員数)÷4,026人(成婚退会者)=約10%

 

つまり、オーネットの成婚率は10%になり、IBJメンバーズの成婚率はオーネットの5倍なわけです。

 

ちなみに、街コンの成婚率は3%だそうです。

 

参考記事
街コン婚活成功率3% 全国で60万人参加(日経MJ調査)

 

こうして見ると、IBJメンバーズの成婚率が突出しているのがわかります。

 

次回は、結婚相談所では「経済力のある人が見つけやすい」という話をしたいと思います。

 

次のページはこちら
「経済力がある人が見つかりやすい」のが結婚相談所のメリット


管理人からのお知らせ

New!管理人の婚活日記を読みやすいように整理しました。


このブログの管理人(相澤哲也)プロフィールはこちら


管理人が婚活当時にリアルタイムに書いてた婚活日記はこちら


婚活入門講座(心構え・恋愛テクニック)はこちら


管理人オススメの婚活サイト・恋活アプリはこちら


男目線で答える婚活・恋愛相談コーナー(男性心理を解説)はこちら


↓記事を更新したらツイッターに告知してるので、ぜひフォローしてください!↓


↓「いいね!」を頂けるとブログ更新の励みになります!↓


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



このエントリーをはてなブックマークに追加


このブログの人気記事