管理人プロフィール

 

皆さん、こんにちは。相澤哲也(@aizawa_tetsuya)と申します。

 

この度は、当ブログに訪問して頂き、誠にありがとうございます。

 

僕は、2012年の年初からネット婚活を始め、この一年半(実質的には11ヶ月程度)で200人弱の方とメールや電話し、20人の方とデートし、3人の方とお付き合いしました。

 

このように書くと、いかにも凄い恋愛の達人のように感じるかもしれませんが、元々は恋愛に奥手な人生を歩んできてました。

 

ルックスもごくごく並ですし・・・(苦笑)。

 

こんな奴でも、やる気と工夫と熱意によっては、素敵なパートナーと出会えるということで、簡単にですが、僕の婚活前の状況と、婚活の概略を紹介したいと思います。

 

まず、軽く自己紹介しておきますと、

 

相澤哲也、メーカー勤務の会社員、1984年生まれのふたご座・B型です。

 

生まれは北海道、育ちは東京の多摩地区、現在は愛知県在住です( ´▽`)

 

※2014年7月から東京に引っ越しました。

 

2013年8月には現在の彼女と知り合い、結婚できることを夢見て交際を続けています。

 

趣味は、カラオケ(B'zとミスチル、最近はファンモンにハマる')、映画、海外ドラマ、漫画(ワンピース等の少年漫画)、ゲーム、ドライブ、お笑い、旅行、モータースポーツ観戦(F1,インディカー)といったところです。

 

僕がネット婚活を始める前の恋愛遍歴は?

 

僕の恋愛遍歴は、奥手だったため、あまり大したものはないです(^_^;)

 

初恋と呼べるものは中学の時。

 

初めて告白したのは高校1年の時です。

 

正直、大学に入るまで彼女はできなかったです。

 

大学に入って初めて彼女ができました。高校の同級生でした。

 

2010年に学生の頃から4年付き合ってた彼女と別れ、それ以来、会社の同期の女の子にアプローチしていました。

 

なかなかツレない子で、男や友達と遊ぶよりも自分の時間を大切にする地味で真面目なタイプの子でした。

 

連日、深夜まで仕事をする部署にいたこともあり、休日は体を休めたい、とのことで、何度もデートに誘ったのですが、結局半年や年に1回デートする程度でした。

 

2011年の春にデートしたっきり、デートをOKして貰えていませんでした。

 

なぜ、そんなツレない子を好きになったのかは、自分でもわかりません。

 

(今思えば、高校のときに振られた先輩に雰囲気が似てた、というのが一番の理由かもしれません)。

 

でも、理由が何であれ、一度好きになったら追いかけたいのが男というものです。

 

丸2年、その子を追いかけました。

 

デートできたのは結局3回だけ。

 

僕は、30歳までには結婚したい、と考えていたので、いい加減「区切りをつけよう」と去年のクリスマスに思い切ってデートに誘ってみました。

 

本当はクリスマスデートしたかったですが、贅沢は言ってられません。

 

年末年始の休暇なら、どんなに仕事が忙しくても時間空いてるだろう、そこでデートに誘おう、と考えました。

 

その子からの答えは、、、

 

「ごめん。年末年始は、寝正月って決め込んでるんで。(∩´∀`∩)バィバィ」

 

・゜・(ノД`)・゜・ナニソレ

 

せめて、旅行とか何か用事があるなら救いがありますが、「寝正月」かよ、と。゚(゚´Д`゚)゚。

 

そんなデートの断り方アリかよ!と完全に吹っ切ることができました。

 

ある意味、その子に感謝です(しつこいくらいデートに誘ってたので、うっとうしかったのかもしれませんけどね)。

 

かくして、僕は新しい出会いを求めて、婚活することになりました。2011年の年末のことです。

 

合コンも紹介も、オフ会もダメ。焦りが募る。

 

2012年の年初からスタートダッシュを決めました。

 

1月の上旬にはいきなり、友達に女性を紹介してもらっていました。

 

でも、ピンと来ず。

 

合コンも何回か出ました。

 

パッとしません。お金と時間の無駄に思えました。

 

仕方ないので、mixiの参加コミュニティのオフ会に行ってみました。

 

人見知りの僕には、40~50人の集まりに飛び込み、女性を口説くなんて高度な芸当、できませんでした( ̄▽ ̄;)

 

B'zのカラオケオフ会'だったのですが、40~50人の参加者のうち、半分くらいが常連さんで、新参者の僕には馴染めず。

 

男女比も7対3で男が多く、しかも既婚者が多い、という残念な会でした。

 

数少ない女性が既婚じゃ意味ないじゃん、みたいな(笑)。

 

他にもあの手この手で、出会いを探しましたが、決め手は無く、いよいよ切羽詰ってきました。

 

おいおい、俺、30歳になっても結婚できないんじゃないか?( ´△`)

 

そこで、最後の手段として始めたのがネット婚活です。

 

いよいよ手が無くなり、ネット婚活を始める

 

ネット婚活に手を出してみたものの、ネットでの出会いに抵抗が無かったわけではありません。

 

ですが、自分にはもう手が無かったですし、兄や友達がネットのオフ会で彼女を作ってましたので、一つの選択肢として考えてはいました。

 

で、色々婚活サイトを吟味してみました。

 

そして、最初に登録してみたのが、Facebookの「Omiai」でした。

 

「Omiai」を使って婚活を進め、2012年4月から8月までの5ヶ月間で20~30人(?)の方とメールや電話し、
10人の方とデートし、2人の方とお付き合いしました。

 

参考までに、僕の婚活体験談を別ページで書きましたので、リンクを貼っておきます。

 

哲也の婚活体験談はこちら

 

2人目に付き合った彼女と相性も良く、結婚を前提に交際を続けていたのですが、2012年2月に破局(´Д⊂ヽ

 

1か月ほど失恋を引きずります。
当時の詳しい状況はこちら

 

失意の中、3月から婚活を再開しました。

 

が、まだ元カノを引きずってる中での婚活だったため、デートしてもイマイチ乗り気になれません(>_<)

 

だんだん失恋の傷も癒えてきた4月以降から本格的に婚活をしていきました。

 

色々な婚活サイト・アプリに入会しました。婚活体験談だけで本が書けるんじゃないか、と思うほどです(笑)。

 

途中、何度か好意を抱く女性は現れるものの、決め手に欠けたり、相手にフラれたりを繰り返し、またもや100人くらいの女性とメールをし、10人の女性とデートをしました。

 

ようやくPairsという婚活アプリを通じて今の彼女と出会えたのは2013年8月です。

 

参考記事
Pairsで知り合った本命の大学の後輩の女性と付き合うことになりました。

 

現在は、8月から付き合い始めた彼女と楽しく毎日を過ごしています(ちなみに、遠距離恋愛です)。

 

2011年の年末に寂しさと虚しさで一杯だったのが遠い昔のようです。

 

自分の体験を広く発信することで、ネット婚活を広めたい

 

僕がこのブログを立ち上げたのはいくつか理由があります。

 

まずは、自分がネット婚活をして彼女を作ることができた。それに対する感謝の気持ちを何らかの形で表現したかった。

 

そして、せっかくの自分のネット婚活の経験を自分以外の人に伝えたい、ということがありました。

 

「婚活」という言葉は、市民権を得た言葉だと思います。

 

ですが、ネットをフルに活用した「ネット婚活」はまだまだ世間一般では認知されていないと思います。

 

僕がネット婚活で彼女を見つけた、と友達に話すと、「どうやったんだ?!」「やり方教えろ!」と言ってきます。

 

認知度の低いネット婚活の体験談やテクニックをブログにまとめることで、誰かの役に立てるのではないか、と思ったのです。

 

合コンやお見合いパーティにせっせと参加する単なる「婚活」ははっきり言って効率の悪いやり方ですが、

 

「ネット婚活」を上手く行えば、理想の相手と出会える確率はグンと上がります。一人でも多くの方に理想の相手と出会って欲しいのです。

 

若者に少しでも幸せになって欲しい。

 

そして、少し大げさですが、今の若者に幸せになって欲しかった、というのが理由の一つです。

 

というのも、誤解を恐れずに言えば、自分も含めて今の30代までの若者は非常に虐げられている人生を送ってきたと言っても良いと思います。

 

いや、これからも虐げられて生きていくのでしょう。僕自身、閉塞感を持って暮らしています。

 

不況の時代に生まれ育ち、今なお不況に苦しむ同年代の20代、

 

あるいは、

 

就職氷河期に苦しみ晩婚化が進む独身者の多い30代、

 

そして、自分達の次に日本を担う10代の人たち。

 

こうした日本の若者達に背負わされた十字架はあまりにも重たいです。

 

若者達が背負わされているのは国の借金です。近々国の借金は1000兆円を超える見込みです。

 

誰が返すのか?

 

それは、僕たち若者とその子供達です。大部分は自分たちとは関係ない借金なのに。

 

借金の他に、年金も若者達は割を食います。少子高齢化で少ない若者達でたくさんの高齢者の人たちを支えていかないといけません。

 

こうして今の若者は搾取され続けていくわけです。

 

ただでさえ、こうして重い十字架を背負っているのに。

 

今の若者は恋愛ですら楽しめていないんです。

 

内向きで「草食系」なんて言葉が流行り、恋愛に奥手な人が多い。

 

20代の若者の7割は恋人がいない、なんて調査結果もあるくらいです。

 

こんな若者達に、少しでも幸せになって欲しかった。

 

何かと暗いニュースの多い中、恋愛・結婚に対しても消極的になってる若い世代の人達のお手伝いをしたい!

 

出会いがない!と恋人を作れなくて嘆いている人たちに、恋愛の手助けをできるツールがあることを知って欲しい!

 

そんな思いでこのブログを立ち上げました。

 

ですから、効果的なネット婚活のコツや進め方、ありがちな悩みに対する哲也の考えをメインにブログを更新していきたいと思っています。

 

僕が実践していたネット婚活の鉄則は、とてもシンプルです。

 

「とことん自分に合う理想の相手を探す!」

 

これだけです。

 

ルックス・性格・趣味・相性など自分に合う女性を徹底的に探しました。

 

その結果、100人(?)の方とメールや電話し、20人(?)の方とデートしたわけです。

 

間違いなく、2012年と2013年は人生で一番女性と接点を持った2年間になりました。

 

理想の相手探しに妥協はしませんでしたが、途中婚活疲れになりかけたので、早期決着を目指しました。

 

リアルでの婚活は、効率が悪いのでダラダラと婚活が長引き、婚活疲れになって結局諦めてしまう、ということが多いと思います。

 

ですが、ネット婚活の場合は、プロフィールの条件検索や顔写真を見て相手を探せますので、効率的に相手を探せます。

 

実際、僕がネット婚活したのは2012年と2013年の2回ありましたが、期間はそれぞれ5ヶ月間でした。

 

短期集中で相手を探せるのがネット婚活の魅力です!

 

自分に合った理想の相手を見つけたい・・・

 

恋人を見つけてラブラブな毎日を送りたい・・・

 

幸せな家庭を築きたい・・・

 

大丈夫です(^_^)

 

ネット婚活なら、リアルでは知り合えないような素敵な相手と出会えます。

 

個人の交友関係といった狭い日常生活ではなく、日本中、世界中と繋がるネットだからこそ、可能性が広がるんです。

 

出会いが無くて困っている方・・・

 

本気で結婚相手を探したい方・・・

 

ネット婚活をしてみませんか?

 

一歩踏み出して、ネット婚活を始めたいあなたへ

 

「善は急げ」「思い立ったが吉日」と言いますよね?

 

もう早速ネット婚活を始めてみたいという人に、以下の婚活サイトをオススメします。

 

とにかく安く(女性は会費無料)、手軽に婚活を始めたい方は
Pairs(ペアーズ)

 

pairs
(僕はこれで今の彼女と知り合いました)。

 

人物重視で相手の趣味・人柄をしっかりチェックした上で出会いたい、という方は、
ゼクシィ縁結び

 

ゼクシィ縁結び

 

どちらの婚活サイトを選ぶかは人それぞれの好みですが、Facebookに登録している人は「pairs」、そうでなければ「ゼクシィ縁結び」という選び方でも良いと思いますし、単純に安さを追求して「pairs」というのも良いかと思います。

 

その他、管理人オススメの婚活サイトはこちら
哲也オススメの婚活サイト

 

【女性限定】女性会費無料の婚活サイトはこちら
女性無料のオススメ婚活サイト紹介

 

さて、ここまで読んで頂いて、ありがとうございます。僕が答えられることであれば、何でも答えますので、よろしくお願いします( ^ω^)

 

あなたのネット婚活を精一杯サポートしたいと思いますので、頑張りましょう。

 

管理人の婚活入門講座はこちら
初心者必見!ネット婚活入門講座

 

ところで。

 

ツイッター始めましたo(^▽^)o

 

完全にツイッター初心者なので、使い勝手がわかりませんが、まぁ、マイペースにつぶやいてみたいと思います。

 

このブログにはコメント機能がないので、質問とか相談とかありましたら、Twitterでリプ飛ばしてくださいね。

 

最低限、ブログを更新した際の告知はつぶやきます。⇒

 

このブログの管理人(相澤哲也)プロフィールはこちら


哲也の婚活体験談(10分で読めるまとめ・ダイジェスト版)はこちら


管理人が婚活当時にリアルタイムに書いてた婚活日記はこちら


婚活入門講座(心構え・恋愛テクニック)はこちら


管理人オススメの婚活サイト・恋活アプリはこちら


男目線で答える婚活・恋愛相談コーナー(男性心理を解説)はこちら


↓記事を更新したらツイッターに告知してるので、ぜひフォローしてください!↓


↓「いいね!」を頂けるとブログ更新の励みになります!↓


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



このエントリーをはてなブックマークに追加