ネット婚活・恋活の自己紹介文の書き方③~ネガティブ表現は避ける

ネット婚活・恋活の自己紹介文の書き方③~ネガティブ表現は避ける

 

こんにちは。哲也(@aizawa_tetsuya)です。

 

このカテゴリでは、「ネット婚活・恋活の自己紹介文の書き方」について詳しく解説していますが、1回目の記事でも書きましたが、婚活での自己紹介文って当然ですが相手に見られるんですよね。

 

なので、相手に見られることを意識して自己紹介文を書く必要があります。

 

どういうことかと言うと、自分が書きたい・やりたいことだけ書いてもダメ。独りよがりな自己紹介文になります。

 

恋愛は相手に好感を持ってもらわないといけませんから、相手に好印象を持ってもらえるよう自己紹介文も工夫が必要です。

 

今回は、異性に好感を持って貰うために、自己紹介文での表現の仕方について考えてみたいと思います。

 

※目次のリンクを押すと、その段落までジャンプします

 

ネガティブな表現は避け、ポジティブな表現を使う

 

人間、どうしても後ろ向きなことばかり考えるネガティブな人より、前向きなポジティブな人の方に魅力を感じるものです。

 

ネガティブな表現を書くだけで、「暗い」「気が滅入る」と思われて敬遠されてしまう恐れがありますので、極力ネガティブな表現は避け、ポジティブな印象を持てる表現を使うようにしましょう。

 

ネガティブな表現の例

 

「○○が嫌いです」「苦手です」などのネガティブ表現。

 

「~できません」などの否定表現。

 

「年収○○○万円未満の方、お断り」など相手のプライドを傷付けかねない表現。

 

ネガティブな表現を書いても良いんですが、自己紹介文の中でネガティブな表現が多いと相手はあなたに対してあまり良いイメージを持てないと思いますので、注意が必要です。

 

余談ですが、前回の記事で書いた「飽きっぽい」とか「どうでもいい・興味ないことには見向きもしない」というネガティブ表現は、僕だったら自己紹介文に書きませんね。

 

あと、最後の「年収○○○万円未満の方、お断り」って表現、冗談みたいですけど、たまにガチでこんなこと書いてる女性がいますね。

 

この表現を書いてしまうと、「傲慢」「何様?」という風に受け取られるかもしれません。

 

男が「胸はEカップ以上じゃないと付き合いません」とか書いてたら、女性だってカチンと来るでしょ?そんなことをわざわざ書く必要はありません。

 

ちなみに、僕が過去一番衝撃を受けた自己紹介文として、こんな人がいましたよ。

 

参考記事
ネット婚活でモテる女性の本音が分かります(笑)

 

ネガティブな表現の例外として、

 

「タバコ吸う人・ギャンブルする人はごめんなさい」

 

「あまり年の離れた人は恋愛対象に見れません」

 

「遊び目的の人はごめんなさい」

 

などは書いても不快に思う人は少ないと思うので、問題ないです。

 

ただ、その際も「門前払い」とか「論外です」などあまり強い表現は避けた方が良いと思います。

 

ポジティブな表現の例

 

○○が好きです。

 

楽しい。

 

嬉しい。

 

素敵。

 

良い。

 

ポジティブな表現を書く分にはどう書いても良いと思います。

 

とにかく、自己紹介文ではポジティブ表現をたくさん使ってください。

 

また、ネガティブ表現も、ポジティブ表現と一緒に書くと、印象がだいぶ変わります。

 

例①:人見知りですが、仲良くなるとよくしゃべります^^

 

例②:お酒が苦手ですが、皆と仲良くおしゃべりするのが楽しいので、飲み会は好きです^^

 

要は、「こう書いたら、相手はどう受け取るだろう?」という視点で自己紹介文を書くと良いと思います。

 

伝える内容は同じでも、表現次第でニュアンスが変わってくる

 

補足ですが、同じ内容を伝える文章でも表現が違えば、違ったニュアンスで受け取られることもあります。

 

例えば、これは国語の授業みたいですが、以下の文章だとどちらのニュアンスが強いでしょうか?

 

どちらの文章がよりポジティブに、あるいはネガティブに感じますか?

 

「君が好きだけど、遠距離だから頻繁に会えない」(A)

 

「遠距離だから頻繁に会えないけど、君が好きだ」(B)

 

「けど」というのは、「逆接」の接続詞です。

 

この場合、「けど」の後に来る文章の方がインパクトが残ります。

 

 

「君が好きだけど、遠距離だから頻繁に会えない」(A)

 

「遠距離だから頻繁に会えないけど、君が好きだ」(B)

 

したがって、上記例で言えば、Aの方は「頻繁に会えない」というネガティブイメージの言葉が強く印象に残ります。なんかこのまま別れ話が始まりそうな感じがしますね(笑)。

 

それに対して、Bの方は「君が好きだ」というポジティブイメージの方が印象に残ります。

 

要は、Bの方が耳触りの良い文章と言えます。

 

(耳障りが良い文章って日本語もなんか変ですがw)。

 

小さなことですが、文章の書き方で印象が全然変わるので、意識してみてください。

 

以上、ネット婚活・恋活の自己紹介文の書き方③~ネガティブ表現は避ける、でした。

 

次のページはこちら
ネット婚活の自己紹介文の書き方④~異性ウケする趣味は必ず書く

 

 

ネット恋愛攻略講座シリーズの記事一覧はこちら

ネット恋愛初心者のための恋活アプリ・婚活サイト攻略講座

 このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

このサイトのメニュー

 ネット婚活・恋活の自己紹介文の書き方③~ネガティブ表現は避ける

ネット婚活・恋活の自己紹介文の書き方③~ネガティブ表現は避ける ネット婚活・恋活の自己紹介文の書き方③~ネガティブ表現は避ける

ネット婚活・恋活の自己紹介文の書き方③~ネガティブ表現は避ける ネット婚活・恋活の自己紹介文の書き方③~ネガティブ表現は避ける

ネット婚活・恋活の自己紹介文の書き方③~ネガティブ表現は避ける ネット婚活・恋活の自己紹介文の書き方③~ネガティブ表現は避ける

ネット婚活・恋活の自己紹介文の書き方③~ネガティブ表現は避ける ネット婚活・恋活の自己紹介文の書き方③~ネガティブ表現は避ける