恋活アプリや婚活サイトで「同時進行」するのはアリ?ナシ?

恋活アプリや婚活サイトで「同時進行」するのはアリ?ナシ?

 

こんにちは。哲也(@aizawa_tetsuya)です。

 

今回は、恋活アプリや婚活サイトにおける「同時進行」について考えてみたいと思います。

 

入会すると目移りするくらい魅力的な異性がたくさん!(≧▽≦)

 

婚活サイトや恋活アプリを使っているとたくさんの異性と知り合うことができます。

 

入会してみて、魅力的な異性がたくさんいることに心躍らせる人も多いはず。

 

「あ、この人良いな・・・。あ、こっちの人はもっと良い!あ、この人も!!」

 

恋活アプリや婚活サイトに入会すると、こんな風にあれこれと目移りするくらいに気になる異性がどんどん見つかって楽しいと思います。

 

ただ、初めてこういう恋活アプリ・婚活サイトに入会した人にとって、誰もがぶち当たる壁があります。

 

「いったい、どの人にアプローチすれば良いの?みんな良い人ばっかりで、一人に決められない

 

そうなんです、なかなか一人に決められないのです。

 

こういう時、どうすれば良いんでしょうか?

 

それは「とりあえず複数の気になる異性にアプローチする」んです。

 

Pairsなら、気になる人に「いいね!」を送ってみましょう。

 

マッチドットコムなら、気になる人にメールを送ってみましょう。

 

5人や10人に送っても全く問題ありません。

 

今まで実生活の中だけで恋愛してきた人にとっては衝撃かもしれませんが、ネットでの恋活・婚活では同時進行はアリなんです。

 

そもそもアプローチしても、返事があるとは限らない

 

というのは、これを言っては元も子もないですが、勇気を出して気になる人にアプローチしても、相手から返事が来るとは限らないですからね。

 

10人にアプローチして10人から何の返事が来ないなんてこともよくあることです。

 

僕はOmiai(オミアイ)というアプリで30人に「いいね!」を送って1人しか返事が来なかったこともありましたからね。

 

30人に「いいね!」送って返事がたくさん来すぎて困っちゃう、なんてのは恋活・婚活市場で人気のある10代・20代女性か、高収入(年収1000万超)・高ステータス男性(弁護士とか医者)やイケメンだけの話です。

 

普通の人はガンガン色んな異性の人にアプローチしましょう。

 

ちなみに、余談ですが、イケメン・美女の場合、自分からアプローチするまでもなく、異性の方が大量にアプローチしてきます。

 

その場合、「どの相手にメールを返すか?」を選別するというモテない人からすると羨ましすぎる悩みに直面することになります。

 

メール交換する相手は2~3人くらいの同時進行がオススメ

 

慣れるまでは1~2人ずつアプローチしていき、慣れてからは5~10人とアプローチする人数を増やしましょう。

 

メール交換する相手が増えてきたら、新しくアプローチするのは一旦止めます。

 

メール交換の相手は1~2人くらい、多くの人を同時に相手にできる人なら4~5人くらいまでなら何とか対応できると思います。

 

僕は多い時は5人くらいの人とメールのやり取りしていて、21時から1時までひたすらパソコンのキーボードを叩き続けたことがあります。

 

あの時は自分でも「俺、何やってるんだろう?」と思いましたね(苦笑)。

 

メール交換となると対応に時間が掛かるので増やし過ぎるのは良くないです。

 

2~3人くらいがちょうど良いんじゃないですか?

 

参考記事
色んな女性と連絡してます。手が回らないっす。

 

デートする相手は1~2人くらいなら同時進行OK

 

で、デートする相手をどこまで同時進行するかですが、これはデートのスケジューリングも関わってくるので、5人も6人も同時進行するのは無理でしょう。

 

僕自身は2日間で3人くらいの女性と会ったことがありますが、しんどいのであんまりオススメしません。

 

同じ週に1~2人とデートしてどっちが良いか見極める、くらいの感じで良いんじゃないでしょうか。

 

参考記事
たくさんの女性とデートできるのは良いんだけど、一人に絞らなきゃね・・・。

 

【Pairs体験談】実質的に恋人候補は2人に絞りました。

 

同時進行は相手に悪い?いやいや、相手も同時進行してます

 

こう書くと、真面目な方は「同時進行なんて相手の人に悪いな」と気分が重くなってる人もいるかもしれません。

 

いやー、心が美しい。素晴らしいです。

 

ネットではなく、実生活では浮気心を持たずにその精神で恋愛をやってもらいたいですが、ネットでの出会いは同時進行は結構よくあることなのです。

 

 

もちろん、これは「付き合う前の段階」を前提にしていますが、相手の人も同時進行していてあなた以外の人と会ってる、なんてことも十分考えられるのです。

 

だから、そんなに同時進行に対して重く考える必要はありません。

 

それよりも、自分に合った相手を見極めることの方が大事です。

 

もちろん、「メールもデートも1人しか相手にできない!2人以上と同時進行なんて無理!頭が回らない!」という人は、無理に同時進行する必要はないです。

 

ゆっくりと自分のペースで自分に合う人を探せば良いのです。

 

「この人!」と決めたら、同時進行していた人にお断りを

 

さて、同時進行してメールもデートも楽しい時間を過ごして、ある程度「この人と付き合いたいな」という人が見極められたら、相手に告白するなりして、「付き合う」段階にステップを進めましょう。

 

そして、「付き合う相手」が決まったのなら、今まで同時進行していた人にお断りの連絡を入れましょう。

 

大して仲良くなかったのならフェードアウトして良いと思いますが、次のデートの約束をしていたのなら、「付き合う相手が決まった段階で断りの連絡を入れる」か「デートの日に他に付き合う人ができた」と相手に伝えてあげましょう。

 

会う約束をしていたデートをサボっちゃダメですよ(笑)。

 

事前に断りの連絡を入れるにせよ、会って断るにせよ、何かしら対応しないと人としてダメだと思いますよ。

 

参考記事
Pairsで知り合った本命の大学の後輩の女性と付き合うことになりました。

 

恋活アプリや婚活サイトは、基本的に実生活での出会いと同じだと思いますが、リアルな出会いと比べて、ちょっと異質な部分があるとすれば、この「同時進行が許される」部分だと思います。

 

慣れるまでは戸惑うかもしれませんが、ネットでの出会いを通じてぜひ素敵な相手を見つけてくださいね。

 

次のページはこちら
ネット婚活で、メールを送る相手を間違えてしまった場合の対応策

 

【ネット婚活・恋活でのメールの書き方・テクニック講座】

ネット婚活におけるメール交換のコツ

 

ネット恋愛攻略講座シリーズの記事一覧はこちら

ネット恋愛初心者のための恋活アプリ・婚活サイト攻略講座


管理人からのお知らせ

New!管理人の婚活日記を読みやすいように整理しました。


このブログの管理人(相澤哲也)プロフィールはこちら


管理人が婚活当時にリアルタイムに書いてた婚活日記はこちら


婚活入門講座(心構え・恋愛テクニック)はこちら


管理人オススメの婚活サイト・恋活アプリはこちら


男目線で答える婚活・恋愛相談コーナー(男性心理を解説)はこちら


↓記事を更新したらツイッターに告知してるので、ぜひフォローしてください!↓


↓「いいね!」を頂けるとブログ更新の励みになります!↓


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



このエントリーをはてなブックマークに追加


このブログの人気記事