口下手でもデートで会話を続かせるための5つのコツ

口下手でもデートで会話を続かせるための5つのコツ

 

こんにちは。哲也(@aizawa_tetsuya)です。

 

今回は「口下手でもデートの会話に困らないコツ」について考えたいと思います。

 

※目次のリンクを押すと、その段落までジャンプします

 

女友達に男友達を紹介したら「最悪な男だった」と酷評されました

 

僕は自分でも婚活してましたが、友人の幸せのお手伝いをするために、頼まれれば合コンや友達の紹介もしています。

 

最近も友達の紹介をしたのですが、女友達の方からクレームを受けました。

 

相当幻滅だったようで、

 

「付き合うボーダーラインが80点とするなら、あの人は28点くらいだね!」

 

とバッサリ斬られてしまいました。

 

これを聞いた僕は寝耳に水です。

 

僕は友達を紹介する際は、紹介した僕の評価を下げないよう(笑)、人選はしっかり行います。

 

今回だって、学歴・職業・外見・性格の面でまぁ悪くないレベルの男を紹介しました。

 

しかも、彼女が仕事に不満を抱えてるので、しっかり彼女の不満を聞いてあげるようアドバイスまで送っていたのに・・・。

 

28点ってかなりの酷評です(汗)。

 

酷評された男友達の一体どこがそんなにダメだったのか?

 

いったい何が彼女をそんなに幻滅させたのでしょうか?

 

聞けば

 

「デート中、(男は)自分の仕事のことばっか話してて、わたしずっと聞いてるだけだった。

 

しかも話つまんないし」

 

とのこと。

 

あちゃー、あいつ俺のアドバイス聞いてたのか?(汗)

 

どうやら会話が続かない事態になることを恐れた彼は、ひたすら自分語りをしてしまったようです。

 

これは最悪ですねー。

 

会話を楽しむべきなのに、デートで独り言言っちゃいけません

 

しかも、仕事の話なんて、大抵つまんないんですから、質問されない限り話さない方が良いです。

 

口下手でもデートの会話を長続きさせる5つのコツ

 

そうは言っても口下手な人にとっては、「会話を楽しめ」と言ってもそんな無茶な!と思うかもしれません。

 

口下手な人はどうやって会話を長続きさせれば良いんでしょうか?

 

僕もどちらかというと口下手ですが、僕がデートの際に工夫している5つのポイントをご紹介します。

 

(1)聞き役に徹する。でも、良い質問者になって話題を掘り下げる。

 

(2)要所・要所で相づちを入れる

 

(3)極力身を乗り出すような姿勢で相手の話を聞く

 

(4)楽しい話題のときは笑顔も忘れずに

 

(5)デート前に相手の好きそうな話題の情報を頭に入れておく

 

この5つを意識して女の子と会話するようにしています。

 

以下、それぞれのポイントについて説明します。

 

聞き役に徹する。でも、良い質問者になって話題を掘り下げる。

 

話すのが苦手ならば、無理に自分語りせずに、相手に話をしてもらえばいいんです。

 

ただし、徹頭徹尾相手に話してもらうのは無理があります。

 

そこで、話題振りや最初の質問、相手が話したそうな話題の質問を適度にしてあげるのです。

 

相手の話が乗ってきたらシメたもの。どんどんその話題を深堀りしていって相手に話をしてもらうのです。

 

例えば、僕は甘いものが好きなんですが、

 

「僕、甘いものが好きなんだ。A子さんは甘いもの好き?」

 

と質問します。

 

女性の場合、大抵甘いもの好きと答えてきますから、

 

甘いものでも何が好きなの?

 

ケーキとかクレープとか、タルトとか色々あるじゃん。

 

僕、タルト以外だったら大抵の甘いものは好きだよ」

 

と質問します。

 

すると女性の方はそれぞれの好みに合ったデザートを答えてきますので、それについても深堀りの質問をします。

 

あとは相手の好きなように話させます。

 

で、ひとしきり相手も話して相手の趣向がわかったところで、僕の場合だったら、

 

じゃあ、今度は二人で甘いもの食べに行くのも良いね!^^」

 

と話題を振り、次のデートの約束までしてしまいますね(笑)。

 

このケースでは、僕は途中で質問を挟んだり相手の趣向を理解するよう努力もしてますが、

 

最終的なゴールは次のデートの約束を取り付けることです。

 

そこが一番の狙い(笑)。

 

僕は、甘いもの好きなのが幸いして、かなりデートは誘いやすいですね。

 

要所・要所で相づちを入れる

 

聞き役に徹するといっても、ぼけーっと黙って聞いていれば良いってもんじゃありません。

 

聞き役は聞き役なりにアクティブな役割を求められます。

 

相手が話してて気持ちよく話せるように、相手の話に頷いたり、「うんうん」「へー」「なるほどね!」「あ、それわかる!」など話の合間に合いの手を入れてあげましょう。

 

特に相手が女性の場合、男性よりも「共感されることが嬉しい」と感じるようですので、相づちは有効です。

 

口下手でもデートで会話を続かせるための5つのコツ

 

極力身を乗り出すような姿勢で相手の話を聞く

 

聞き役の姿勢も重要です。

 

僕はメーカーの購買の仕事をしていたので、会社に売り込みに来る営業マンの話を聞くのも立派な仕事でした。

 

忙しいのでさっさと帰ってもらいたいと思いつつも、そこは社会人としてのマナーで失礼にならないよう礼儀を尽くして相手の話を聞いていました。

 

会話の際の聞く姿勢によっても相手に与える印象が大きく変わる、ということに気づいてますでしょうか?

 

イスの背もたれに寄りかかってダルそうに相手の話を聞くのではなく、身を乗り出すような姿勢になり、「相手の話に興味があります」というアピールをしましょう。

 

【悪い例→イスの背もたれに寄りかかってだるそうに聞いてる】

 

口下手でもデートで会話を続かせるための5つのコツ

 

【多少改善した例→デートではお行儀が良すぎるが上の悪い例よりマシ】

 

口下手でもデートで会話を続かせるための5つのコツ

 

※上記2点の画像の引用元URL
正しいイスの座り方

 

僕のイメージするデートで好ましい「話を聞く姿勢」としては↓のような姿勢ですね。

 

口下手でもデートで会話を続かせるための5つのコツ

 

テーブルに身を乗り出して相手の話に興味があります、って感じがするでしょ?

 

ダルそうに聞かれるよりも興味あるように聞いてくれた方が相手も話しやすいです。

 

・ ・・ただ、身を乗り出しすぎるのも暑苦しいので、ほどほどでお願いしますね(笑)。

 

楽しい話題のときは笑顔も忘れずに

 

いくら相づちを打ったり、身を乗り出して聞いていても、ぶすっとした表情で聞いていると、「話がつまらないのかな?」と感じて相手も話す気がなくなります。

 

一緒にいても楽しくないです。

 

相手が楽しそうに話してるときは、(たとえ話がつまらなくても)笑顔で話を聞いてあげてください。

 

上で載せたカップルの画像が良い例です。

 

デート前に相手の好きそうな話題の情報を頭に入れておく

 

これはかなり重要ですね。

 

聞き役に徹するにしても、相手の興味のあることがさっぱりわからないと、なんて話題振っていいのかすらわからないですし、相手の話してることが理解できないと会話も成り立ちませんからね。

 

事前に準備できないことも多いですが、できるときは極力準備しておきましょう。

 

相手がサッカー好きならサッカーに関する話題のニュースをチェックしておくとか、好きなアーティストの話題を事前にチェックしておくのです。

 

そして、

 

(1)デートの際に事前にチェックしていた情報を基に相手に質問する。

 

(2)相手が話に乗ってきたら相手の話を聞いて得た情報からまた質問する、

 

というサイクルにできれば良い流れです。

 

会話を続かせるためのポイントを簡単に5つ挙げてみました。

 

参考にしてみてくださいね。

 


デートのコツ・心得・作法シリーズの記事一覧はこちら

デートのコツ・心得・作法

 

ネット恋愛攻略講座シリーズの記事一覧はこちら

ネット恋愛初心者のための恋活アプリ・婚活サイト攻略講座


管理人からのお知らせ

New!管理人の婚活日記を読みやすいように整理しました。


このブログの管理人(相澤哲也)プロフィールはこちら


管理人が婚活当時にリアルタイムに書いてた婚活日記はこちら


婚活入門講座(心構え・恋愛テクニック)はこちら


管理人オススメの婚活サイト・恋活アプリはこちら


男目線で答える婚活・恋愛相談コーナー(男性心理を解説)はこちら


↓記事を更新したらツイッターに告知してるので、ぜひフォローしてください!↓


↓「いいね!」を頂けるとブログ更新の励みになります!↓


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



このエントリーをはてなブックマークに追加


このブログの人気記事