デート代は男性がおごるべき?それとも割り勘?

デート代は男性がおごるべき?それとも割り勘?

 

こんにちは。哲也(@aizawa_tetsuya)です。

 

今回はデート代の会計について考えてみたいと思います。

 

※目次のリンクを押すと、その段落までジャンプします

 

デート代は、男がおごるべきなのか、割り勘なのか?アンケート結果は?

 

デートの際の会計って、皆さんどうしてますか?

 

男が全額負担すべき、多めに出す、って人もいれば、割り勘派の人もいると思います。

 

みんなどうしてるのかなー?と思ってネットで調べてみました。

 

マイナビニュースさんからの引用です。

 

Q.デート代はどちらが支払いますか?

 

ほぼ男性 34.6%
ほぼ女性 0.5%
ほぼワリカン 30.6%
決まっていない 34.3%

 

デート代アンケート

 

参考記事
デート代は男が出すべきなのか!?

 

調査期間:2012/2/29~2012/3/4
アンケート対象:マイナビニュース会員
有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)

 

結論としては、「男性が払う」、「ワリカン」、「(どちらが払うか)決まっていない」の3通りに綺麗に分かれました。

 

いい感じに三等分されてますね。

 

そしてひときわ目立つ「女性が払う」0.5%(笑)。

 

リンク先の記事にもそれはもうたくさんの意見が書かれてますし、皆さん人それぞれ意見はあると思いますが、ここでは僕なりの考えを書いてみたいと思います。

 

初デートのときのデート代は男が払うべき

 

まず、初デートのときのデート代はどちらが持つか?ですが、これについては、「ワリカン派」の人も頑張って男性が払ってあげて欲しいですね。

 

初デートくらいは男としてカッコつけたいところです。

 

女性も初デートくらいおごって欲しいと思ってる人が多いんじゃないかな、と思います。

 

2回目以降のデート代は相手の出方を見て臨機応変に

 

ここから先は、相手の出方を見る必要があります(笑)。

 

女性が年上、学校の同級生や会社の同期などの場合はワリカンでも良いかもしれないな、と個人的には思います。

 

多少多めに払う、など配慮してあげるのもアリでしょう。

 

僕の場合、学生の時から付き合ってた同い年の彼女に対しては、おごることは珍しくて「ちょっと多めに出す」ことが多かったです。

 

ですが、男が年上の場合(歳が離れていれば特に)、男が出してあげるべきかな、と思います。少なくとも多めに払った方が良いでしょう。

 

お互いのデート代に対する価値観・思惑がぶつかり合うのが2回目以降のデートでしょう(笑)。

 

男がデート代を払う際にする女性に対する気配り

 

デート代を男が払う際、女性の方から払う、と言ってくれるケースがあります。

 

デート代を全額払ってもらうのは申し訳ない、と思ってくれる女性も結構いるものです。

 

でも、その際、レジの前で「自分が払う」「いや、私が払う」とやり合うのはみっともないので避けたいところ。

 

そんなときは、

 

「じゃあ、ここは自分が払うから、後でスタバでコーヒーおごって」

 

とか、

 

「じゃあ、1000円だけ払ってもらおうかな」

 

とか、小銭だけ払ってもらうなどの提案をして、スムーズに会計を済ませるようにしましょう。

 

少しでも会計を負担することで、気が楽になり女性もすんなり引き下がってくれることが多いです。

 

ワリカンにする際にしてはいけないこと

 

女性もデート代を負担してくれて割り勘にすることになった際にしてはいけないこと。

 

それは「1円単位まで細かくワリカンにすること」です。

 

正直そんなに細かく割り勘にするのは「みみっちい」「細かい男」と思われる可能性が大です。

 

最低限、端数は男が払うようにしましょう。

 

デート代は男が払うのが当たり前、という女性について

 

僕はあまりそういう女性とデートした経験がないのですが、中には「デート代は男が払うのが当たり前」という態度の女性がいます。

 

おごってあげても「ごちそうさま」の一言もなかったりして。

 

これは正直感心しませんね。おごってあげようという男性も人間ですから、気持ちよくおごりたいと思っています。

 

個人的には、たとえ払う気が無くてもサイフを出す素振りくらいして欲しいですね(笑)。

 

せめて人として会計が終わってから「ごちそうさま」くらいは言って欲しいです。

 

哲也はデート代をどうしているのか?

 

僕自身が過去のデートでデート代をどう払ってきたのかというと、「多めに出すか」「全部払う」のどちらかでしたね。

 

会計の金額が3000円程度だったら全部払って、7000円とか1万円だったら1000~2000円相手に出してもらって残りを僕が払う、というスタンスです。

 

ただ、相手が学生だった場合は、絶対に僕が全額負担していました。

 

やはり収入差がありますし、社会人なのに学生相手におごらないのは大人の男としてアカン、という気持ちでした。

 

あと、今の彼女は結婚まで考えて付き合ってるので、どうせ結婚したら財布は一緒だもんな、と割り切ってデート代は全額払うことが多いですね(あんまり高いお店行かないし)。

 

僕は彼女に結婚後も働いて欲しいと思ってますが、専業主婦になるかもしれないし。そうなったら、嫌でも全部払わないといけないですしね(笑)。

 

関連記事
「おごられて当然」はNG!男にデート代をおごってもらう際のマナー

 


デートのコツ・心得・作法シリーズの記事一覧はこちら

デートのコツ・心得・作法

 

ネット恋愛攻略講座シリーズの記事一覧はこちら

ネット恋愛初心者のための恋活アプリ・婚活サイト攻略講座


このブログの管理人(相澤哲也)プロフィールはこちら


哲也の婚活体験談(10分で読めるまとめ・ダイジェスト版)はこちら


管理人が婚活当時にリアルタイムに書いてた婚活日記はこちら


婚活入門講座(心構え・恋愛テクニック)はこちら


管理人オススメの婚活サイト・恋活アプリはこちら


男目線で答える婚活・恋愛相談コーナー(男性心理を解説)はこちら


↓記事を更新したらツイッターに告知してるので、ぜひフォローしてください!↓


↓「いいね!」を頂けるとブログ更新の励みになります!↓


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



このエントリーをはてなブックマークに追加