妄想にならない程度に恋愛のイメージトレーニングをするのが良い

妄想にならない程度に恋愛のイメージトレーニングをするのが良い

 

こんにちは。哲也(@aizawa_tetsuya)です。

 

前回は「恋愛は「相手の求めることを察する」力が求められますよね」という記事を書きました。

 

それと少し関連があるのですが、今回は、「恋愛のイメージトレーニング」について考えてみたいと思います。

 

※目次のリンクを押すと、その段落までジャンプします

 

恋愛のイメージトレーニングをして実戦(=デート)に備える

 

恋愛経験が少ない人にとって、異性と連絡したり、デートするだけでも結構ハードルが高いですよね。

 

そこで、異性とメールなりデートする前に、イメージトレーニングをして、これからの展開をシミュレーションしてみると実戦に向けての心の準備ができて良いかもしれません。

 

(ちょっと難しいことかもしれませんが)。

 

「こういう場面になったらこんな風に行動しよう」と考えておくと、実際にそういうシチュエーションになったときに動きやすいです。

 

例えば、帰り際に次のデートをどうやって誘おうか、とか。

 

告白の場面で何て話すか考えて事前にイメトレしておくとか、ですかね。

 

恋愛に慣れてる人なら、別に大したことはないことでしょうけど、恋愛に慣れてない人なら、事前にイメトレしておいた方が安心なんじゃないですかね。

 

大学の先輩のメールを例にイメージトレーニングしてみる

 

例えば、先日、大学の先輩から急にメールが来たと書きました。

 

参考記事
学生時代の交友関係をもう一度見直せば意外な恋が見つかるかも?!

 

僕はあのメールを貰った段階で、即座に先輩と付き合うまでの過程を脳内妄想シミュレーションしました。

 

参考までに、前回のメールの概略を引用すると、

 

「哲也くん、久しぶり。

 

突然だけど、初めて一人暮らしをすることになり、日曜日に物件の下見に行きます。

 

良かったら部屋探しの注意点を教えてくれませんか?」

 

という内容でした。

 

そして、先輩の状況(3年ぶりの唐突なメール、彼氏無し、恐らく結婚焦ってる)を考慮すると、このメールで先輩の期待していることは何でしょうか?

 

(僕の妄想が正しければ)たぶん、先輩は出会いを求めてるので、何らかの形で僕が先輩をデートに誘うと喜ぶと思います。

 

部屋探しの注意点云々ってのは、僕にメールするための口実でしょう。

 

ちょっとポジティブシンキング過ぎるかもしれませんがw)

 

日曜日の下見に一緒に来てほしいのか、別の日にデートに誘って欲しいのかまでは分かりませんが、仮に僕が「日曜日、僕も下見行きますよ!」って言ったら驚きつつも先輩は喜んだんじゃないかと思います。

 

で、下見に付いてきてくれたお礼に当日(もしくは後日)、先輩が僕を食事に誘い、次は僕からデートに誘ってもらいたい、みたいな流れですかね。

 

僕のイメージトレーニング結果

 

だから、僕が先輩と付き合いたいと思った場合にあのメールに対して僕がするべきことは、以下のようなことです。

 

(1)引っ越しの知識なんかない⇒ググって調べる

 

(2)ググって得た知識を親切丁寧に教える⇒好感度UP

 

(3)日曜日はもちろん下見に付き合う

 

下見の際、不動産屋のお兄さんに「お二人で住むんですか?(同棲するんですか?)」って聞かれたら、「そうです!」とか適当に冗談を言って先輩を緊張をほぐします。

 

ところどころ先輩を立てつつ。

 

(4)当日または後日先輩から「お礼に」と食事に誘われる
(⇒仮に誘われなかった場合は、こちらから誘う)

 

(5)その席で「次はもっとゆっくり会いましょう(○○に遊びに行きましょう)」と次のデートの約束をする(今度はこちらから誘う)

 

(6)2~3回デートして付き合う

 

こんな流れでしょうかね。

 

イメトレしてデートプラン立てたり、対策を立てておく

 

こうして相手が求めてることを具体的に考えることで、自分が取るべき行動が分かり、デートプランを立てたり対策を検討することができます。

 

上記例であれば、物件の下見に行った後に寄る店をネットで調べておくとか、ですかね。

 

あと、この先輩の場合、真面目過ぎて冗談が通じない可能性があるので、「同棲」ネタは言わない方が良いか?とか事前に考えておいた方が良いですね(笑)。

 

明らかに「そんなわけないじゃん」的なジョークを言って、真に受けられた時ほどバツの悪い瞬間ってないですからね(汗)。

 

事前のイメトレと実際のデートが想定違いでも気にしない

 

恋愛経験が少ない人だと、デートの勝手が分からず、イメトレが独りよがりな妄想になってしまったり、いざ実際のデートに出かけても思ってたよりも盛り上がらない、なんてこともあるでしょう。

 

まぁ、最初からイメージ通りに行くほど恋愛も甘くないので、そんなときはイチイチ落ち込まずに、その場その場で最善の対処をしてください。

 

ちなみに、恋愛経験を積めば積むほど、この恋愛イメージトレーニングと実際の恋愛の差が小さくなります

 

つまり、恋愛のイメージトレーニングの精度が上がって、予想通りに(思惑通りに)恋愛が展開するってことです。

 

ずばり思惑通りの展開になると、まるで手の平の上で転がしてるような感覚になります。

 

それはそれで意外感・ドキドキ感がなくて、恋愛が「出来レース」のように感じられて面白くないですけど。

 

ちなみに、先日あれから先輩に社交辞令メールを返した後、先輩から返信が来ました。関係を発展させる気が無かったので、そのメールには返信せず放っておいたら、昨日また別のメールが来ました。

 

たぶん、僕の妄想通り、デートに誘ってほしいだと思います(もしくは、誰か紹介して欲しい、とか)。

 

残念ですが、僕彼女持ちなので無理ですね。友達を紹介するくらいならできるけど。

 

こんなところで、今回の記事はおしまいです。

 


デートのコツ・心得・作法シリーズの記事一覧はこちら

デートのコツ・心得・作法

 

ネット恋愛攻略講座シリーズの記事一覧はこちら

ネット恋愛初心者のための恋活アプリ・婚活サイト攻略講座


管理人からのお知らせ

New!管理人の婚活日記を読みやすいように整理しました。


このブログの管理人(相澤哲也)プロフィールはこちら


管理人が婚活当時にリアルタイムに書いてた婚活日記はこちら


婚活入門講座(心構え・恋愛テクニック)はこちら


管理人オススメの婚活サイト・恋活アプリはこちら


男目線で答える婚活・恋愛相談コーナー(男性心理を解説)はこちら


↓記事を更新したらツイッターに告知してるので、ぜひフォローしてください!↓


↓「いいね!」を頂けるとブログ更新の励みになります!↓


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



このエントリーをはてなブックマークに追加


このブログの人気記事