婚活サイト・恋活アプリで出会いを見つけるためのコツ・心構え

婚活サイト・恋活アプリで出会いを見つけるためのコツ・心構え

 

こんにちは。哲也(@aizawa_tetsuya)です。

 

今回は、婚活サイト・恋活アプリに入会したは良いけれど、全然出会えない!と悩んでいる人向けの記事を書いてみたいと思います。

 

※目次のリンクを押すと、その段落までジャンプします

 

婚活・恋活サイトに入会したけど、メールすらできない?!

 

僕もこのブログやってると、たまに恋愛相談・婚活相談を受けるんですが、その中で「うーん・・・」と思ってしまう相談があります。

 

それは「入会して20人の人にメールしたけど、メールが返って来ません。どうすれば良いんでしょうか?」といった感じの相談です。

 

なぜ僕がこの相談に対して「うーん・・・」と思ってしまったかというと、婚活サイト・恋活アプリで出会いを探そうとする場合、20人に対するアプローチでは絶対数が少なすぎるからです。

 

厳しいようですが、一言で言えば、努力不足です。

 

婚活サイト・恋活アプリに入会してすぐの状態だと、ルックスの良い相手に目が行きがちです。

 

ルックスの良い人は競争率が高く、メールが返って来る可能性も低くなります

 

100人の女性にアプローチして、10人~20人の女性から返事が来る人は、たぶんイケメンか年収が高い人です。

 

平凡なルックス・平凡な年収の人では、そこまでの反応は望み薄です。

 

感覚的に僕レベルの男性会員の場合、100人の美人・可愛い人にアプローチして、メールの返信が返って来るのはせいぜい3~5人なんじゃないですかね。

 

なので、普通のレベルの男性が婚活サイト・恋活アプリで20人の女性にアプローチしても、返事が返って来る可能性ってかなり少ないんですよね。

 

僕と同じように平凡なルックス・平凡な年収の方は、積極的に女性にアプローチして、数をこなすしかありません。

 

20人くらいじゃまだ全然足りません。

 

まずはアプローチの絶対量を増やしましょう。

 

50人の女性にアプローチしてようやくメール交換、100人の女性にアプローチしてようやくデートにこぎ着ける、くらいの気合で頑張ってください。

 

最低3ヵ月、アプローチを続ける根性で頑張ってほしいと思います。

 

アプローチを増やすと同時に写真・プロフィールを見直す

 

アプローチを増やして出会いの絶対量を増やすと同時に手直しすべきは、写真・プロフィールです。

 

「ちゃんと俺はアプローチの量を増やしてるのに出会えない!」という人は、写真・プロフィールがダメなのです。

 

中でも、一番重要なのは、写真です。

 

プロフィールページで一番最初にチェックされるのは「写真」

 

異性がプロフィール検索で相手を探した際に、一番最初に検索結果で目に飛び込んでくるのは顔写真です。

 

婚活サイト・恋活アプリでプロフィール検索をすると、検索結果画面では、卒業アルバムの顔写真のように、たくさんの異性の写真が並んで表示されます。

 

顔写真を見て、「この人良いな」と思った人だけが自己紹介文やプロフィールを見てもらえます。

 

相手にメールを送ったりアプローチした際も、真っ先に見られるのは顔写真です。

 

顔写真が載せ方が悪かったり、関係のない写真を載せたりすると、そもそもあなたのプロフィールページに異性は来てくれません。

 

なので、「出会いが見つからない」と悩んでいる人が、一番最初に自分のプロフィールページで手直しするべきは「顔写真」なのです。

 

風景写真やペット写真ではなく、「顔写真」を載せる

 

婚活サイト・恋活アプリに入会したばかりの人だと、どうしても恥ずかしかったり、友人・知人に入会してるのがバレるのが嫌だと思って、顔写真を載せずに風景写真ペットの写真をプロフィール写真にする人がいます。

 

↓ありがちな風景写真↓

 

婚活サイト・恋活アプリで出会いを見つけるためのコツ・心構え

 

↓ありがちなペットの写真↓

 

婚活サイト・恋活アプリで出会いを見つけるためのコツ・心構え

 

たしかに恥ずかしいのは分かりますが、風景写真だと出会いが見つかる可能性は減りますよ。

 

特に、PairsやOmiaiのように、8~9割の人が顔写真を載せていて、顔写真を載せるのが当たり前になっている恋活アプリでは、風景写真だと異性の関心を引くのは至難の業です。

 

みんな顔写真を載せているのに、一人だけ風景写真だとどうしてもインパクトが弱くて印象に残らず、せっかく自己紹介文を一生懸命書いても読んでもらえません。

 

どうしても自分が行った場所やペットの写真を載せたいなら、プロフィール写真ではなく「サブ写真」で載せるべきです。

 

メインのトップ写真はあなたの顔写真を載せることをおすすめします。

 

顔写真を載せるメリットは、あなたの雰囲気が伝わる

 

顔写真を載せることのメリットは、写真を通して、あなたの雰囲気を相手に伝えることができることです。

 

「あー、この人は目が大きくて可愛いな」とか、「あんまりカッコ良くないけど、優しそうな人だな」など、顔を見るだけで何かしら「好き・嫌い」の感情が動きます。

 

ハートが動くのです。

 

「この人のことをもっと知りたい」とプロフィールページを開いてもらうには、相手の感情を動かす必要があるのです。

 

風景写真やペットの写真だと、相手にあなたの雰囲気が伝わらないので、写真を見てもハートが動きません。

 

風景やペットの写真を見て感情が動く人もいるかもしれないけど、それは少数です。

 

ルックスに自信がなかったとしても、顔写真を載せた方が出会いの可能性は上がります。

 

最悪、横顔だったり、口元にモザイクを入れても良いので顔写真を載せて、あなたの雰囲気が伝わるようにしましょう。

 

顔写真で関心を引き、プロフィールで興味を持ってもらう

 

顔写真を載せて異性にあなたのプロフィールページに来てもらえるようになったら、ようやく自己紹介文の出番です。

 

自分の仕事や趣味・関心のあることを読みやすいように工夫して書いてみましょう。

 

女性の場合はルックスが良ければ顔写真だけで男性からアプローチがありますが、男性の場合は、よほどルックスが良くない限り顔写真だけで女性からアプローチを受けるのは無理です。

 

しっかりと自己紹介文を作り込んで、自分をアピールしましょう。

 

顔写真・プロフィールの関連記事はこちら
ネット婚活での顔写真・プロフィール・自己紹介文の作り方

 

婚活サイト・恋活アプリの機能をフル活用して出会いを広げる

 

入会する婚活サイト・恋活アプリによっては、あなたの出会いをサポートしてくれる機能を用意してくれています。

 

例えば、Match(マッチドットコム)では、自分とプロフィールが似ている異性会員をおすすめ会員として紹介するメールを毎日送ってきてくれます。

 

プロフィールが似ていると親近感を持ちやすいので、出会いに繋がりやすいと言えます。

 

↓マッチドットコムのメール↓

 

婚活サイト・恋活アプリで出会いを見つけるためのコツ・心構え

 


↓気になる記事をチェック↓




 

Pairs(ペアーズ)では、自分の趣味や考え方が似てる人を探しやすいように、コミュニティ機能という「趣味が合う」「考え方が共感できる」人が出会いやすい仕組みがあります。

 

例えば、Pairsには色々なコミュニティがありますが、フラッと当てもない旅をするのが好きな人は「ノープランな旅が好き」というコミュニティに入れば、同じ趣味を持った相手と出会えるかもしれません。

 

日本酒を飲むのが大好きなら「日本酒好き女子♪男子♪」というコミュニティに入れば日本酒好きな人と出会えます。

 

婚活サイト・恋活アプリで出会いを見つけるためのコツ・心構え

 


↓気になる記事をチェック↓





 

こうした「出会いに繋がる機能」を持っている婚活サイト・恋活アプリに入会するのも出会いを見つける近道になるでしょう。

 

参考記事
「出会える」婚活サイトと「出会えない」婚活サイトの違いとは?

 

ネット婚活で6ヶ月以内に恋人を見つけるために知っておくべき傾向と対策

 

ネット恋愛攻略講座シリーズの記事一覧はこちら

ネット恋愛初心者のための恋活アプリ・婚活サイト攻略講座


管理人からのお知らせ

New!管理人の婚活日記を読みやすいように整理しました。


このブログの管理人(相澤哲也)プロフィールはこちら


管理人が婚活当時にリアルタイムに書いてた婚活日記はこちら


婚活入門講座(心構え・恋愛テクニック)はこちら


管理人オススメの婚活サイト・恋活アプリはこちら


男目線で答える婚活・恋愛相談コーナー(男性心理を解説)はこちら


↓記事を更新したらツイッターに告知してるので、ぜひフォローしてください!↓


↓「いいね!」を頂けるとブログ更新の励みになります!↓


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



このエントリーをはてなブックマークに追加


このブログの人気記事