失敗しない婚活サイトの選び方(月額定額制のサイトを選ぶ)

ニュースで婚活詐欺が話題になることがあります。

 

これは出会いが無い、結婚できないと困っている人達を騙す結婚詐欺師や悪徳婚活業者の仕業です。ネット婚活を実践・推奨している者として、この手の詐欺は許せないし、この詐欺師達のせいで「やっぱりネットでの出会いは怖いね」と言われるのは実に腹立たしいです。

 

多くの婚活関連のサービスは安全・安心な出会いを提供すべく、日々運営されています。

 

ただし、大部分の婚活サイトは安全・安心だとは思いますが、中には婚活サイトと謳っているものの「これ出会い系サイト・詐欺サイトじゃない?」みたいな婚活サイトがあることも事実です。

 

ネット婚活をする際は、悪徳業者に引っかからずに、優良な婚活サイトを選びたいですよね。

 

そこで、僕が婚活サイトを選ぶ際に重視しているポイントを書いてみたいと思います。

 

よくニュースで耳にするのは、 課金方式(ポイント制)の出会い系サイトなどで延々と有料メールをやり取りしてサイト利用料だけむしり取られて結局相手と会えなかった、という話ですね。

 

これは実際には女性会員がほとんど在籍していないため、サクラと呼ばれるメール対応を担当するアルバイトが女性のフリをして男性会員にメールを返して、メールの送信数を増やして課金額を増やす、というやり口ですね。

 

メールを1回送るたびに課金されるのに、何も知らない男性会員がサクラに騙されて延々とメールを送り続け、何の収穫も無く請求額だけが青天井に増えていく、という悲惨なケースです。

 

しかも、サクラ役のアルバイトが男だったりするので、目も当てられません。男が男相手に熱の込もった口説きメールを送るなんて悲しすぎます。

 

婚活サイトのサクラの手口としてもう一つパターンがあります。

 

それは、婚活サイトと関係のない業者が異性や芸能人などになりすました「サクラ」を使って悪質サイトに会員登録させ、利用者に多額の金銭を使わせる、いわゆる「サクラサイト商法」と言われるパターンです。

 

このケースでは、何通かメールのやり取りをした後に「婚活サイト以外で連絡がしたい」と言われて携帯やPCのアドレスを交換し、教えて貰ったアドレスにメールすると、出会い系サイトを通じて連絡して欲しいと伝えられるパターンです。

 

そして、言われるがままに出会い系サイトに入会し、会う見込みのない相手にメールを送り続け、個別課金され続けるようです。

 

最近話題になったアイドル出会い系詐欺もこれの派生系でしょう。

 

僕はこのケースで騙されるのは不思議で仕方ないんですがね・・・。
途中で何かおかしい?と気付きそうなもんですが・・・。

 

婚活サイト以外で連絡がしたい」といってアドレスやLINEのIDを教えるのは普通に行われており、僕もよくやります。

 

でも、メールしていて、途中から出会い系サイトを通じて連絡して欲しいって、どう考えてもおかしいでしょ?

 

あ、アイドルだと思って騙されるのは論外です(笑)。

 

それはさておき。

 

僕は騙されるのが嫌いです。

 

そして、無駄骨を折るのも嫌いです。

 

個別課金制の婚活サイトにおけるサクラは僕の大嫌いな存在です。

 

こんなサクラには騙されたくない。じゃあ、どうするか?

 

対策はただ一つです。

 

個別課金制(ポイント制)の婚活サイトには入会しない。
これです。

 

「君子危うきに近寄らず」、です。

 

個別課金制の婚活サイトが全て怪しいとは言っていません。

 

ただ、サクラの温床となる個別課金制というシステムを導入していること自体に不信感を抱いてしまいます。ですので、僕は個別課金の婚活サイトには絶対に入会しません。

 

僕が入会したことがあるのは、月額定額制の婚活サイトだけです。

 

したがって、僕は、どの婚活サイトに入会しようかと考えている人に対して、最低限、月額定額制のサイトを選ぶようアドバイスしたいと思います。

 

月額定額制の婚活サイトであれば、少なくともメールの相手がサクラであったとしても、いくらメールを送っても1ヶ月に課金される金額は変わりません。

 

途中のメールのやり取りで相手がサクラだと見抜けば、メールを返さなければ良いのです。

 

途中までメールをしてしまったことで、時間は無駄になりましたが、お金は騙されてないので、実被害は避けられます。

 

例えば、僕が「Omiai」という婚活アプリで出会った「サクラ」の実例を紹介しましょう。

 

参考記事
Omiaiで明らかなサクラと遭遇しました。

 

今にして思えば、このサクラはたぶん「サクラサイト商法」型のサクラだったんでしょう。

 

メールアドレスを交換したら、そのまま出会い系サイトに登録するよう促されていたんだと思います。

 

ですが、無用心に相手を信頼するのではなく、ちょっとだけ相手を疑ってみるだけで、この手の被害は防げるはずです。

 

実際、僕はこの「サクラ」を信用しきれなかったので、メールを送るのを止めました。そして、幸いなことに、何の被害も受けませんでした。アドレスも教えていません。

このサイトのメニュー

 月額定額制のサイトを選ぶ

月額定額制のサイトを選ぶ 月額定額制のサイトを選ぶ

月額定額制のサイトを選ぶ 月額定額制のサイトを選ぶ

月額定額制のサイトを選ぶ 月額定額制のサイトを選ぶ

月額定額制のサイトを選ぶ 月額定額制のサイトを選ぶ